タグ:飲む ( 12 ) タグの人気記事
Tim Burton見に行って、パブを梯子 Hells Kitchen & Grace Darling Hotel
c0018514_22132054.jpg

とある週末。トラさんと久しぶりにCityでデート。

ちなみにこの真ん中の茶色の建物はForumというところで、ビクトリア州遺産二登録されているシアターです。外観もかっこいいけど、中がめちゃくちゃすばらしいです。天井が青くて小さな星がちりばめられててめちゃかわいい。まるで夜の中世ヨーロッパの町に迷い込んだような感じ。そんな中でバンドの生演奏が聞けるなんて素敵じゃないですか。

More
[PR]
by tamaptamap | 2010-08-11 11:34 | 日常(オーストラリア)
メルボルンのパブ Wesley Anne @ Northcote
c0018514_2131452.jpg

ごぶさたしてました、すんません。たまぴーあいかわらず元気に飲んでます。
友達に会うのに、家族と集まってお食事するのにパブはオーストラリア文化には欠かせない。
High Streetにある有名パブの一つ、Wesley Anne.
c0018514_2133850.jpg

元々教会だった建物を改造して作られたパブ。
c0018514_2135538.jpg

フロントバー・レストランエリアは夜になると蝋燭が灯されて何とも中世のロマン漂う雰囲気。ふと周りを見渡すと三銃士なんかが飲んでてもおかしくないような感じ。奥には個室のようなテーブル席がいくつか、さらに置くのビアガーデンは広々してて緑も多く、お庭で飲んでるような感じでゆったりできます。特に夏の夕方なんて最高。

ライブもよくやってます。うるさい感じのじゃなくゆったりまったり耳に心地よい音楽。

ご飯も中々いけます。男の子や大食いの女(←たまぴーのこと)には量がちょっと少ないかもしれないけど、人間の胃袋はあれくらいの量でそもそも満たされるべきでしょう。

ところで、アイスランドの火山噴火諸々で延期になっていたエジプト行きですが、ついに今週の木曜日に出発となりましたー。いぇーい。来週頭、エジプトから帰ってきたら、すぐにパースへの出張が入る予定。初・西オーストラリア州。そして7月頭は夏の大阪へ里帰り。なんかバタバタしそうな、たまぴーの冬in Melbourne。

Wesley Anne
250 High St
Northcote VIC 3070
(03) 9482 1333
[PR]
by tamaptamap | 2010-05-24 18:04 | 日常(オーストラリア)
メルボルンのパブ The Union Club Hotel @ Fitzroy
c0018514_2122110.jpg

お酒が生活に密着しているオーストラリア。仕事の昼休みで外食する時にも、「一杯だけ~」とお酒飲む人多いし、例えば週末にお昼から友達と買い物なり美術館なり言った後に、一杯飲もか~とパブに流れることが多いです。(もちろんカフェも行くけどね)

そんなオージー達にとって「パブ」とは無くてはならないものの一つです。色んなパブが星の数ほどあります。とりあえず飲もか~みたいな感じで、老いも若きもパブに集まります。近所のアル中のおっちゃんが飲んでると思えば、すぐ隣にはおしゃれな若者が飲んでいたりと、社交の場としてみんなに愛されています。お酒だけではなくきちんとした食事も出されるところが多いので、ご飯の美味しいパブは、レストランとしても人気です。晩御飯を食べにレストランではなくパブに行く人も多いです。近所にあるパブは「Local」と呼びます。What's your ”local” like?(あんたのローカルパブはどんな感じ?)っちゅう感じ。

西洋人入植の頃、夜遅くまでお酒を販売してはいけないという法律があったのですが、宿泊施設があるところでは宿泊者に対しては、遅くにでも食事と共にお酒を販売することは認められていたので、パブの建物の中に宿泊施設を設けてHotelとし、夜遅くまでお酒を販売できるようにした過去の名残から、オーストラリアのパブは未だに「○○ホテル」と呼ばれるところが多いです。ホテルって書いてるのに中に入ると酒屋で宿泊施設なんて見当たらないので、こっちに来た頃はちょっとびっくりしました。(仕事で○○付近でホテルを探さないといけない時に、Google Mapで付近のホテルを検索するのですが宿泊施設だけでなくパブもたくさん検索されるので、宿泊施設を探すときは「Accommodation」で検索することを学びました)

古くて由緒あるパブ、新しいけどお洒落なパブ、たくさんあるのでこれからも開拓するのがたのしみです。そんなたまぴーにウコンなどプレゼントしたいという方々大歓迎!

写真はFitzroyにある、Gertrude St, Brunswick St, Smith Stからちょっと中に入った住宅エリアにあるパブ、The Union Club Hotel。
大きなパブで食事用のスペースもでかい。外のビアガーデンは屋根がついてるので天気関係なく利用できていいです。大きなテーブルやソファーもあるので大人数でも集まりやすいです。
ご飯の味は普通でしたが、いかにもパブ!って感じで雰囲気がいいのでなかなか気に入っております。

The Union Club Hotel
164 Gore Street
Fitzroy
Melbourne
03 9417 2926
[PR]
by tamaptamap | 2010-02-13 08:02 | 日常(オーストラリア)
メルボルンのパブ Joe's Shoe Store @Northcote
c0018514_2143373.jpg

一応飲兵衛のブログなので、パブについて。
NorthcoteのHigh stにあるパブ、Joe's Shoe Store。
名前の通り、かつてはJoeさんが靴屋さんをしていた跡をパブに立て替えられた所です。名前も看板もそのままなので、アルコール禁断症状がでて徘徊してると通り過ぎてしまうことも?細くて小さなパブですが、木の温かみがある素敵なパブ。家具や小物も素敵です。Joeさんが使っていたという靴の型とかも飾ってます。
(Joeさんもたまに飲みにくるらしい。顔みても私はわからんけど・・・)

生ビールはたいてい一日一種類。サーバーが一つしかないからやと思われます(笑)たいていLittle Creaturesのペールエールです。後は小瓶のビール。サーバーの調子も行く度にあんまりよくないらしく、よく強制的に瓶ビールになることも多々(笑) 食べ物はおつまみ程度しかサーブしていませんが、お隣の人気ピザ屋さん、Meine Liebeが出前サービスしてくれます。(自分で頼みにいって、隣で飲んでまーす!というと配達してくれます。)
c0018514_2144640.jpg

店内は小さいけど奥にもこじんまりした細長いビアガーデンもあります。テーブルはちいさいのであんまり大きなグループでくると席がないかも。まぁ週末は込み合ってるので、どうせみんな立ち飲みですがね。

ここのトイレは、日本ではごく当たり前の、流すと上から手洗い用の水が流れてきて、その水がトイレに流れていくスタイルです。トイレに入った後、人々は感激しています。オーストラリアは水不足・水不足と嘆いているのに、なぜもっと普及しない?特許の関係とかあるのかしら?

客層は、Sportjock系男子・日サロ冬でも薄着ミニスカギャル(競馬シーズンにドレスアップしてるのに泥酔する系女子)、また普通のビール腹親父系人口はほぼ0で、古着で自分のスタイルを貫き通すお洒落小僧達が多いです。

そんな中に混じってたまにビールを飲みに行く、ごくごく普通のたまぴー。なかなかいいとこでっせ。

写真がぶれてます・・・少し前に大流行したAVATARを見た時に使ったまま、みんなの部屋の隅に放置されているであろう3D眼鏡をかけるとちゃんと見えるかも?(んなわけない)


Joe's Shoe Store

233 High Street, Northcote, VIC 3070
(03) 9482 7666
[PR]
by tamaptamap | 2010-02-11 19:24 | 日常(オーストラリア)
最近感動した『食べ物』2つ
①毎日会社から帰る前に晩御飯のネタ探しにお邪魔するブログ、こちらで紹介されてた『食べるラー油』、職場で読んで「これは絶対好み!」と確信し、その日に家に帰って速攻作りました。家にあるとのないのとで私風にアレンジしましたがめちゃくちゃ美味しいの~~~~!!!長ネギの青い部分が大量にあったのでそれを適当に細かく切ったのと大蒜のみじん切りを焦がさないように油でじっくりと煮るように炒めた後、ごま油、醤油、塩、砂糖、唐辛子、パプリカ、コチュジャン、すり胡麻で味を調整して出来上がり。ほんとうになんにでもあうんです。炒め物に入れたり、ごはんにちょっと乗せたり、野菜に和えたり、酢で伸ばしてドレッシング風にしたり、本当に何につけてもあう。ご飯がかなり進みます。(←ダイエット中なのに)

長ネギの青い部分は油でじっくり揚げて、油は風味のある葱油として、葱は色んなものにフリカケとして活用してたけど、今後はこちらのコチュジャンと二つ用に欠かせないストックになりそうです。

c0018514_2071994.jpg

②こちら二つ目、スペインより『食べるスパークリングワイン』、Agusti Torello Mata Solid。世界で5番目に美味しいというミシュラン2つ星のレストラン、EL CELLER DE CAN ROCAがワインメーカーとのコラボで開発したワインです。

先日、トラさんが「たまぴーがご飯作るから家飯しようよ~~」と勝手に企画し、招待されたのが、このレストランのシェフ夫婦。

プロ相手に家飯なんて、どんなご飯作ったらええねん(滝汗)!とトラさんに訴えると、「いつも作ってるような普通のんがええねん。」と言うので、開き直って、鶏から揚げ、レンコンはさみ揚げ、こんにゃくの煮物、鯛のホイル蒸しなど等、超庶民のご飯を用意してたところ、彼らがスペインからわざわざ入手したこの貴重な物をデザートとして持ってきてくれたのです。普通~のおかずにこんな素敵なデザートなんてすっごい恐縮・・・

瓶に入ったりんごのコンポートをグラスに入れ、そこにワインを注ぎます。そうするとゼリーのようなトロッとした食感になり、同時にスパークリングの泡がシュワっと口の中に広がります。アルコール11%ほどなので、お酒の泡ゼリーを食べてるような感じです。これは貝とかシーフードに和えても美味しいそうですよ。面白い。自分でりんごのコンポート作ったら家でまたできるのかしら。桃のネクターとかね。

ちなみに、私が作った普通のおかずはなかなか好評だったようで嬉しかったです。お世辞と思うけど、かなり緊張してたので安心しました。遠慮なくお褒めの言葉として受け取りたいと思います。

彼らが「美味しい~~」と褒めてくれた瞬間に思い出したエピソード↓
昔、母が一時入院してた時に、仕事で忙しい父とまだ幼い弟の為に私がご飯を作ろう!とがんばって作った生まれて初めての肉じゃがが、信じられないくらいめちゃくちゃまずかったんですね。今でも覚えています、あの不味さ。でも作り直す時間も無かったので、それをそのまま食べてもらうことになって、食卓でしょんぼりしながら二人の反応に怯えていたところ、一口食べた父と弟が揃って、「うん、おいしい」ってまじめな顔で言ってくれて、二人のやさしさに感動したのを15年以上たったのに未だに覚えています。肉じゃが一つ作るのに何時間もかけて奮闘してた後姿を見てくれてたんですよね。

一生懸命作ってくれたものって伝わりますよね。そういうことが大事なんやわ。

ちなみに①の食べるラー油も大好評でした。
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-27 20:45 | 食べ物
メルボルンのパブ The Pinnacle @ Fitzroy North
c0018514_2191834.jpg

Fitzroy Northのアイコン。The Pinnacle。NYのフラットアイアンビルを小さくした感じのおしゃれな建物。昔は郵便局だったらしく、建物の側面には昔使われてた私書箱も残ってて情緒があります。
c0018514_2193214.jpg

今は地元っ子が集まるパブで、落ち着いてるけど気取ってなくてフレンドリー、なかなか気に入っております。綺麗でおしゃれでモダンなパブってあんまり好みじゃないんですよね。でもここは内装も昔のをそのまま残していておしゃれで綺麗なんですよ。アンティークで暖かい色でまとまってるし。奥にはビアガーデンもあります。
c0018514_2194748.jpg

この日はたまたまジャズバンドが生演奏していました。すごい上手な人たちで、老若男女みんなビール片手に音楽に聞き入っていました。好きなパブの一つ。
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-19 19:10 | 日常(オーストラリア)
Velma Valentina's Burlesque Bingo
c0018514_1952984.jpg

先日ポーラ先生がメルボルンに遊びに来たのでみんなが集まった。

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-07-23 19:49 | 日常(オーストラリア)
Hofbräuhaus メルボルンでドイツ料理
c0018514_12245056.jpg

お友達に誘われてHofbräuhausに行ってきました。私の大学時代のドイツ語の記憶が正しければ発音はホフブロイハウス?チャイナタウン付近にあるドイツ料理のレストランです。

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-07-09 09:03 | 日常(オーストラリア)
里帰り2009年2月28日~3月8日 ②変わったお酒の飲み方
c0018514_2022644.jpg

さて、当ブログのタイトルにふさわしい、酒ネタの日記です(笑)
前回の里帰りで行った同じ場所に同じメンバー&トラさんで行ってきました。
ここで一風変わったお酒をいただきました。(実演:トラさん)

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-03-26 17:01 | 旅行記
Rockwiz!
c0018514_19563133.jpg

こちらのSBSというTV局のチャンネルで毎週土曜日の夜にやっている、音楽クイズ番組Rockwizを観覧してきました。

The Espyの愛称で知られるThe Esplanade Hotelというパブにある、Gershwin Roomというところでの撮影です。Rockwizのウェブサイトから自分のメールアドレスを登録すると、撮影日のお知らせメールが来るので、どの日にちで観覧希望なのかを返信し、抽選で「OK来てもいいよ」メールが送られてきます。

このEspy、メルボルンのビーチエリア、St.Kildaのアイコンの一つとしてみんなに親しまれている築100年以上の歴史あるパブでございます。海沿いだしこれからここでビールを飲むにはいい季節。ちなみに毎週日曜日、私のカポエイラの先生のバンドがResident Bandとして演奏していています。のりのりラテンの音楽でビールをいっぱい引っ掛けて踊り狂うにはぴったりの音楽です。入場無料なのでお勧め。
c0018514_19565971.jpg

本番前に観客のウォームアップがあって、盛り上げ役の人がいろいろ音楽のクイズを出し、成績のよかった人は本番に出演できるらしいんです。残念ながら私たちは今回後方の立見席だったので参戦の機会はなかったのですが、次回は前方テーブル席をゲットして、音楽オタクのトラさんにがんばって本番出演を狙ってほしいものです。

しかし、パブでテレビ番組撮影って、なんだか懐が広いですね。
以前、テレビ・映画業界に勤める元ハウスメイトのアレンジで、Thank God You Are Hereも見にいったのですが、あれはテレビ局って感じの場所でした。そういえば、本番前の盛り上げ役の人が同じ人だった!
c0018514_19571867.jpg

無料だし、メルボルンのアイコンの一つのパブで番組観覧しながら酒を飲む、これなかなかいい時間のすごし方です。皆さんもぜひぜひ。
[PR]
by tamaptamap | 2008-12-14 19:57 | 日常(オーストラリア)