タグ:海外生活 ( 51 ) タグの人気記事
Northcoteにてうさぎ会とアート
c0018514_20412244.jpg

メルボルンで、2011年卯年生まれの赤ちゃんを持つ日本人ママ会、月の子うさぎ会というのを妊娠中からお友達と始めて、今は五十人以上の大きなグループになっています。
定期的に集まってみんなで遊んで楽しんでいます。年の近い子供を持つ皆と喜びや悩みを共有して、まだまだ新米ママな私の大きな心の支えになっています。

興味のある方はメッセージ下さい(^-^)/

さて、今日はうさぎ会のお友達とNorthcoteのプレイセンターに行ってきました。
c0018514_20412351.jpg

大好きな海苔をオヤツに舐めまくるイーマちゃん。

家路につく前に、少し久しぶりのNorthcoteを散歩しました。
c0018514_20412454.jpg

High Streetでは至るところにアートが点在していました。
c0018514_20412524.jpg

Northern Exposureというアートプロジェクトが開催中らしい。
http://highstreetnorthcote.com.au/
c0018514_20412684.jpg

iPhoneの写真でわかりにくいですが。
c0018514_20412756.jpg

お茶目な作品がいっぱい。
c0018514_2041281.jpg

昔このエリアに住んでたのですが、最近すっかりご無沙汰でした。
c0018514_20412958.jpg

先週まで四週間、イーマちゃんと夏の大阪を満喫して、冬のメルボルンに戻ってきて少し落ち込みかけたのですが、冬のメルボルンも素敵なイベントがいっぱいでいいなあと思いました。
c0018514_20413083.jpg

昔は酔っ払いながら千鳥足でよく歩いたHigh street。今日は綺麗なピンクの夕焼けに照らされながらイーマちゃんをおんぶして、「これかわいいね」とか言いながら鼻の先で冬の冷たい空気を、背中でイーマちゃんの温かみん感じながらゆっくり散策しました。
[PR]
by tamaptamap | 2012-06-19 20:22 | 日常(オーストラリア)
たまぴーの出産 in メルボルン ②病院
たまぴーの出産話、ずいぶん放置されておりました。
自分への記録のために続きを書かせてもらいます。

たまぴーが出産した病院、HeidelbergにあるMercy Hospital For Women。
通称マーシー。
c0018514_20375011.jpg

とても大きな病院Austinに併設している産婦人科の公立病院です。

オーストラリアでの出産となると、まず迷うのが、私立で産むのか、公立で産むのか。
公立での出産となるとお金は一切かかりません。最初に任意で行うダウン症の検査と、病院の駐車場代くらいでしょうか。ありがたいことです。

私立だと、自分でドクターを選べて、妊娠期間はずっと同じドクターに見てもらえて、入院中も個室だったり、病院によっては出産後、高級ホテルのお部屋に移動してゴージャスな入院生活が遅れたり、メリットも多いがコストも大きい。

公立だと出産も入院も無料だけど、ドクターを指定できないので、毎回違う人に見てもらったり、出産後の入院は2人部屋だったり、色々。

私は迷った結果、公立病院で産むことに決めました。
私立で産んだ人からは「公立病院のドクターは・・・」というのもちらほら聞きましたが、このすばらしい国の医療水準を信じることにしました。あと大きな病院はたいてい公立病院。私立病院での出産中何か大変なことがあった時に搬送される先は公立病院だと聞いたのも、大きな理由の一つでした。

さて、このマーシー。新しくて明るくてとても綺麗。妊婦検診から、出産、入院、退院後のアフターケアまですべて100%満足できるものでした。この病院で、しかも無料で出産できたことをとてもありがたく思います。

マーシーでの出産となると、2つオプションがあります。
マーシーの産婦人科で産むか、マーシー内の別プログラムFamily Birth Centreで産むかです。
Family Birth Centreは、ドクターではなく助産師さんが切り盛りするアットホームなセンターでいいのですが、リスクの低い健康な妊婦であることが条件となっています。細かい条件はわかりませんが、年齢とかも関係あったと思います。電話するとちゃんと教えてくれます。

私は、オリエンテーションにいって気に入った、こじんまりとアットホームで暖かい雰囲気のFamily Birth Centreで産むことに決めました。
だんなさんも一緒に個室に入院できるし、上の子供がいる人は分娩室につれてこれたりもするんですって。(私はたぶんしないですが。)
何かあってもすぐ隣のマーシーに搬送してもらえるし安心。

後期に入ってから、イーマちゃんが小さすぎるということで、低リスク出産の枠から外れてしまったので、助産師さんのみが出産に携わるFamily Birth Centreではなく、ドクターが常駐しているマーシーの産婦人科へ変更されたのですが、なんとマーシーにもパートナールームという、旦那さんも一緒にとまれる個室があって、ラッキーにも私はそこを使わせてもらえたのでした。

妊娠糖尿病の人は、食事コントロールができてる人はそのままFamily Birth Centreにとどまることができますが、インシュリンを打たないといけない人は、マーシーの産婦人科へお引越しとなります。

マーシーの産婦人科は、高リスク妊婦の人も低リスク妊婦の人もたくさんいてるので、検診の待ち時間が長いです。でもFamily Birth Centreは、そこで出産する人の人数の制限もあるのでもちろん込み合っていず、検診の待ち時間は全くなかったのでよかったです。

妊娠前期、中期とお世話になった、Family Birth Centre。妊娠後期、出産、入院、退院後にお世話になったマーシーの産婦人科、イーマちゃんが2泊したNICU。全部本当によかったです。妊娠から退院までにお世話になった全ての助産師さん、ドクター、ナース、皆いい人ではずれがなかったです。

妊娠が発覚した時、サービスなど色々細やかな日本で出産することも考えましたが、オーストラリアの出産で本当によかったです。細かいことを気にしない大らかなこの国で大丈夫かな、と思ったけど、本当にしっかりしていて安心して出産できました。

こっちでは体重量られたこともないし、エコーも2回だけ。日本なら毎検診時にエコーしてくれるのになんで・・・?と思ったけど、ただでさえ敏感になりがちな妊娠期間中、細かいことをごちゃごちゃ注意されずにのんびりと構えることができてよかったのかも。
妊娠後期にリスクがでてきて不安でしたが、きちんと対応してくれました。細やかな検診で不安を取り除いてくれました。これで本当に無料でいいのかなと思います。みんなそれぞれ思うところはあるかもしれませんが、私は公立病院マーシーでの出産で本当によかったです。
[PR]
by tamaptamap | 2012-01-29 20:01 | たまぴーの妊娠・出産
BBQ BBQ BBQ
c0018514_20485760.jpg

オーストラリアでBBQとは、大阪でいう 「一家に一台たこ焼き機」 くらいの位置づけであると言っても過言ではないくらいみんな持っています。オーストラリアで夏といえばBBQ!(=豪英語ではBarbieといいます。)
週末には、ところどころのお宅や公園からBBQの匂いがふわーんと漂ってきます。

今までまともなBBQがなかった我が家は、去年のクリスマスプレゼントにトラさんの父ちゃんからBBQ頂きました。普通のBBQではなくWeber Qといって、炭火もガスも使えるし、なんといっても折りたたんでキャンプやら公園やら色んな所に持っていけるってのが素敵。

そのモバイル機能はまだ活用していませんが、それ以来我が家ではたくさんBBQ大会を開催しています。
トラさんが、かなりBBQ奉行っぷりを発揮していてちょっとうっとうしい。なかなか頼もしいです。BBQをもらった事が本当に嬉しかったみたいで、こないだBBQをスリスリ撫でているところを家政婦たまぴーは見た。まぁこっちではBBQは男専門っていう感じではあるのですが。色んなテーマで楽しんでやっています。(スペイン祭りとか韓国風とか)みなさん是非お越しください。

写真は、先月末のAustralia DayのBBQ。
Australia Dayといえば、BBQしがてらTriple Jというラジオの音楽トップ100というのをみんなで聞きながらビール飲んで過ごすというのが典型らしいです。(ほんまか?)

Triple Jのラジオ局はここ数年でかなり商業的な音楽ばかり取り扱うようになって悲しい、と私の周りでは言われています。トップ100あんまりぱっとしなかったように思います。まぁ個人の見解ですが。

例にもれず、うちも昼から肉祭り・ビール祭りで、酒気帯のまま家の裏でクリケットではしゃいで心臓がドキドキしたり、友人が持ってきてくれたオーストラリアのデコレーション付きパブロバに舌鼓を打ち、楽しい一日を過ごしました。(パブロバ=ロシアのバレリーナのアナ・バプロバから名づけられた、豪&NZ名物のメレンゲのお菓子)

外で焼くお肉&飲むビールはやっぱり美味しい!
暑い日にはオーブン代わりにロースト等しても家の中が暑くならないし、魚を焼いても家の中が臭くならないし、かなり重宝しています。
[PR]
by tamaptamap | 2010-02-10 10:49 | 日常(オーストラリア)
ウーさんに恋してる
c0018514_19252994.jpg

前々からよく耳にするので気になっていた料理研究家のウー・ウェンさん。
11月の帰国に合わせてウーさんの本をアマゾンで買って実家に送っておいたのですが、今ウーさんの料理にはまってます。

映画のJulie & Juliaの様に、たまぴー&ウープロジェクトとしてウーさんの料理全部作ったろうかしら、というくらい好き。

手に入りやすい食材でできるし、手順も丁寧に書いてあるし、シンプルで上品な味付け。
「手に入りやすい食材」ってのがいいですよね。それどこに売ってんねん!っていうちょっとかっこつけた料理じゃなくて、日常でも活躍できる身近な食べ物。「え?これだけの調味料でできるの?!お醤油は?」っていう驚きの発見もたくさん。

最近家で一人の時は、ウーさんの麻婆豆腐の練習をしています。(写真のは緑が茶色くなっててちと失敗)
なぜなら我が家のオージー達がいる時は誰も食べないから。

彼らは自称「I love Tofu!!!」な奴らですが、いざ絹ごしやら木綿やらを出すと、

「あ、いや、その豆腐じゃなくて・・・僕がすきなのはこの豆腐!」 といって指差すのは、揚げさん

日本の豆腐の様に豆の風味が高くやわらかい口ざわりのものは苦手らしく、揚げててしかも中国豆腐のように硬いのが彼らにとっては標準の豆腐であると思われる。

だから一人になった時は思いっきり絹な豆腐を食べるのが恒例になってるのです。

話は変わって明日は車でアデレードに向けて出発(所要時間:休憩込み8時間半)、クリスマスと新年を過ごして1月3日にメルボルンに戻ります。暗くなってカンガルーが車に飛び込んでくる時間になる前に到着できるよう早く出発しないと!!!

では、麻婆豆腐の写真でもって、ってのがおかしいですが、皆様素敵なクリスマスをお過ごしください。
[PR]
by tamaptamap | 2009-12-23 11:25 | 食べ物
カンガルー肉を食べる @Star Restaurant
時は遡って・・・ (←ロールプレイング冒険ゲーム調)

先月11月の初め・・・ (←でも一ヶ月だけ)

日本の会社で入社直後から、手取り足取りお世話してくださった先輩
コアラ師匠が、メルボルンに遊びに来てくださいました!


今までも友達数人がアデレードまで遊びに来てくれたり、また別の先輩もメルボルンF1ついでに遊びに来てくれたし、高校からの親友なんて6週間語学留学に来てくれたし・・・日本からゲストが来るというのは毎度心浮き立つもの。一緒にあれもして、これもして・・・

しかし・・・
いかんせん私の残有給日数がカツカツだったので、週末以外は通常通り出勤し、その間は放置プレイ・・・しかし、さすが旅慣れているコアラ師匠、お一人でもメルボルンをしっかりと堪能されたようで安心しました。

エッフェル塔やら自由の女神など様なコレ!といった見所が特にないメルボルン。

師匠の来豪が決定してから、どこにお連れしたらいいのか頭を悩ませましたが、結局いつもと変わらないルートで街をぶらぶら・・・(単に予習できてないだけ)、でもメルボルンって滞在してるとジワジワ良さが見えてくるんですよね。アートとスポーツがうまく融合していて、決してめちゃくちゃエネルギッシュというわけではないけど、大きすぎず、小さすぎず、物理的なものも精神的なものもバランスがうまく取れてる街だと思います。「世界一暮らしやすい街ランキング」でも一位に何度も選ばれたりしたと耳にしますがそれも納得。



(おいしいラーメン屋さんはないけどね・・・)



さて、どこにお連れしたらいいのか頭を悩ませたのですが、一つだけ絶対行きたかったところ。

西のベトナム人街、Footscrayにあるカンガルー肉が食べれるベトナム風焼肉レストラン。
かなり前にこちらで見て以来、ずーーーーーーっと行ってみたいなぁと思ってたんです。

カンガルー肉はステーキとかだと近所のパブでも食べれますが、ベトナム風焼肉なんてちょっとエキゾチック(?)でよろしゅうございませんこと?(誰?)

と、言うことで、仲間たちに声をかけて10人ほどで行ってきました。

c0018514_2125073.jpg

これがカンガルー。半解凍のまま出てきましたが(汗)、しっかりマリネされてて、やわらかくておいしい。
c0018514_213330.jpg

肉をオーダーすると一緒にでてくるレタスやもやし、春雨などと一緒にラッピングして、ソースにつけて食べるのでございますよ。野菜もたくさん採れていいこってす!

でもぶちゃけ、その他のアラカルトメニューは微妙でした。我々の選択が間違えてたのか?レモンチキンのソースは、恐ろしいほど鮮明な黄色で、カキ氷のシロップをもっと化学薬品たっぷりな感じにした味がしたYO!

Star Restaurant
149 Nicholson St
Footscray VIC 3011
(03) 9687 3555


ちなみにこのレストランのトイレの照明は全てブラックライト。
店内の内装はよくある中華系の安っぽいシンプルな感じなのに、トイレだけちょっとナイトクラブ風?!とみんなで分析してたところ、仲間の一人が言いました。


「あ、それはトイレの中で血管を見えへんようにする為やで。そうするとトイレで隠れてヤバイもの注射でけへんでしょ?」


おおっ!なるほど~~~~~
ていうか、怖いぞ~~~~~~~~~!!!!!


てな感じで、メルボルンの色んな面を堪能していただいた今回の旅、コアラ師匠@メルボルン5泊。私にとっていつもの見慣れた風景も、師匠と一緒にいると新鮮に映って楽しめました。

私一人なら、普通に見過ごしていた、あの、ノン・ジャパニーズが経営している某エセ日本料理屋で見つけたメニューとか。。。

c0018514_2131684.jpg

鰻重のところだけやたらとモザイクがかかってる!!!

なぜっっ・・・??

鰻重の写真をGoogle Imageで検索したけど、小さい画像しか見つけられなかったからそれを拡大して、「これでまぁええんちゃう~?」っていうノリで使用したのか。

実際に鰻重を作って写真に撮りたかったけど、鰻は高いから、違うもので代用したものの、やっぱり見た目があまりにも鰻とはかけ離れていたので、モザイクをかけて、「これでまぁええんちゃう~?」っていうノリで使用したのか。


旅の締めくくりに、ちょっと考えさせられましたよねぇ。

また来たい!と言ってくださって、私はとっても嬉しかったです。来年はもっと長く滞在してくださいね!
[PR]
by tamaptamap | 2009-12-11 09:03 | 食べ物
告白
わたくし、


職場に


置き傘、置き教科書、置き体育館シューズ、ならぬ、


置きもずく置き味噌をしていまして、


毎朝出勤すると、マグカップの中でそれらを調合し、


まるでコーヒーを飲んでるかのように、そのもずく汁をマイ・デスクにてこっそり飲んでいます。

c0018514_14274488.jpg

<本文とはそれほど関係なし>


置きパンや置きバター、置きジャムなどは、絶対自分以外の誰かも食べてる様な消費ペースで減っていきますが、 (人の盗らずにパンぐらい自分で買え!)


さすがに私の味噌ちゃんともずくちゃんは、みんなのアウトオブ眼中。


味噌汁飲んでるときって、「あーーー私って日本人!!!」て痛感する瞬間ですね。


(今日は小腹がすいたので、おやつにも飲んでしまったわ。塩分取り過ぎないように注意しないと。)
[PR]
by tamaptamap | 2009-12-09 14:27 | 食べ物
うどん打ちました。
c0018514_2051116.jpg

最近、うどん打ってみました。

小さい頃、父と一緒にうどん打ったことが、30過ぎた今でもとっても楽しかった記憶として強く覚えているんですね。多分踏むくらいしかできなかったけど、大好きなチュルチュルうどんが出来上がっていく過程を見て、ワクワクしてたんやと思います。ずっとまた打ってみたいと頭の片隅で思いつつなかなか実行しなかったのですが、こっちってうどんが値上がりして一玉100円くらいするんです。あほらしいなぁと思ってた頃にスーパーで麺用の粉を発見。

レシピはこちらのを参考にしました。

が、

麺の太さを均等に揃えるのはなかなか難しいものですね(当たり前)。そして均等でないうどんは本当に美味しくないですね。今度パスタマシンを買って、もっと根性入れて切っていく練習をしようと思います。まずかったけど、でもやっぱり自分で作ったのは美味しく食べれます。(どっちやねん)残ったものは小分けにして冷凍できるし重宝してます。

ちなみに、うどんはこちらでは「Udon」でユードンと発音されています。
「枝豆」はエ~ダマ~ミ~で「天ぷら」はテンピュ~ラ~です。
違う!といつも心の中で突っ込みをいれます。

ここしばらく放置プレイ気味ですいません(汗)
仕事が本当に忙しくて、家に帰るとあんまりエネルギーがないんですね。。。
今日もまた色々大変なことがあって、悪気はなかったのだろうけど軽い発言をした上司の顔を、グーで殴ってやろうかと本気で思ったほどストレスがたまっていました。カポエイラのレッスンに行って、飛び蹴りをしまくってちょっと発散できました。

日本の会社の先輩が遊びに来てくれたり、それに続き他州からのお友達も泊まりに来てくれたりでバタバタしているうちに、明後日から10日間日本に里帰りです。ぼちぼち更新していきますので気長にお付き合いください。
[PR]
by tamaptamap | 2009-11-17 20:30 | 食べ物
ひとりぼっちの週末
c0018514_1816488.jpg

ハウスメイトは旅行で、トラさんも出張で、今週末は家で一人ぼっち。
ちょっと心細いのもあるけど、それより何より普段できないことやってやろうやないの。

とりあえず、パン一で家の中歩くでしょ?トイレのドアは開けっ放しにしてみたり(汚い)
一人で作詞作曲して変な歌歌えるでしょ。風呂の後はもちろん裸族でしょ。

一人飯のときは思いっきり日本人にとってのComfort Foodを作る。食べるの自分だけなので。今日は鍋です。具沢山にしてちゃんこ風に味付けしてそのまま食べる。生の牛蒡も売っていたのでそれもたっぷり入れて。メルボルンでも牛蒡が買えるなんてうれしいわぁ!

普段炊くと「くっさ~~~~~誰やオナラしたんは?!」といわれる大根もたっぷり入れた。

普段「くっさ~~~~~~誰の足やこんな臭いんは?!」って言われる納豆も、思いっきり練り練りして心置きなく食べた。

塩鮭も焼いた。家で魚焼くとみんなすごい臭そうにするし。今日は気兼ねなく焼けた。外で焼くのに七輪買わないと。

肉が無かったので乾燥湯葉を薄切り肉のつもりで使用。なかなかいけるんですよね、これ。炒め物にも入れたり。うどんも炊いた。不必要にズズズ~~~~~!!!!!って音立ててすすってみたり。

庭のソラマメ焼いたのをつまみにビール。このStubby Holderかわいいでしょ?こっちのビールは生以外は小瓶(Stubby)で飲むのが主流なので、その小瓶用のケースです。同僚の結婚式の引き出物です。Tamayo Got Pissed at Angela & Jarrod's wedding. たまぴーはアンジェラとジャロッドの結婚式で酔っ払いました!って書いてます。今日も酔っ払います!

そして、遅ればせながら今はまっているMixiのサンシャイン牧場にいそしむ。

ひさびさにゆっくりの週末。パン一で。
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-30 18:29 | 日常(オーストラリア)
アールデコなマクド
c0018514_20303664.jpg

うちの近所にあるマクド。建物がアールデコでめちゃかわいいでしょ?
アメリカ留学時代住んでたセントルイスにはミズーリ川に船上マクドがありました。マクドってあんまり行かへんけど、国によって色々メニューが違いますよね?って日本のチキンタツタ・照り焼きバーガーと、アメリカのCajunバーガーとかしか知りませんが。京都の茶色&黄色のマクドやらありますが、他にも面白いマクドってあるのかしら?タイにはこんなんありましたが、これは多分ただのパチもんグッズの一つなのかな?マレーシアにはSatayバーガーとかあったりするのかな?

全然関係ないけど、今日晩御飯の汁物にコーンスープを作ったのですが、
トラさんに「これ何のスープ~?」って聞かれて、
「あー、It's トウモロコスィ~
って変な外人訛りの日本語と英語が混ざって自分でびっくりしました。
トラさんの頭の上にポポポッと「?」が数個浮かんでたので、急いで「コーン、コーン、Corn!」ってすぐ訂正しましたけど。脳みそが歳とってきたんかのぉ~
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-12 19:30 | アート
愛しの従姉より ふるさと宅急便
c0018514_208926.jpg

大阪の従姉よりふるさと宅急便が届きました。

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-06 20:23 | 日常(オーストラリア)