タグ:大阪 ( 24 ) タグの人気記事
結婚式2次会のケーキ
c0018514_18312562.jpg

えー・・・先月のではなくて10月の日本里帰り日記がまだ終わっていませんでした(汗)

うだうだですがどうぞお付き合いくださいませ。

平日に親族中心の結婚式を挙げたのですが、今までお世話になった先輩&お友達を招待し、父の店を貸切にして結婚式の2次会をしました。いたってカジュアルに、普段着で。

父はその時まだ入院していたので、思っていたようなおもてなしができなかったのですが、地元はもちろん、東京、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、香港、スペイン等など遠方からも駆けつけてくれて、60人以上での本当に楽しいパーティでした。

6時から8時のつもりだったのに、解散したのは11時半。わいわい飲んで騒いでいい思い出ができました。お祝いのオーラが集まって本当に幸せな空間でした。

高校の友達がサプライズで用意してくれたウェディングケーキ。
そっくりすぎてすごいです。トラさんの二重顎は再現されてなかったとこにケーキ職人さんのやさしさを感じました(笑)このケーキは喜ばれますね。おいしかったし!みんなにも大好評でした。

私はおっさんキャラだしあまりお姫様願望がなくって、ドレスアップして夢のような結婚式にするとかあまり考えていなかったのですが、こっぱずかしいけど綺麗な服着て、みんなにお祝いしてもらって、結婚式ってやっぱり人生の新しい門出にふさわしい本当に良いイベントですね。ほんとうにやってよかったです。

職場でも最近婚約した子が「式めんどくさいからせんとこうかな」といってる子がいますが、「絶対いい思い出になるから絶対やり!!!」と強く勧めています。
色んな事情でできない人もいるかと思いますが、できる人は絶対したほうがいいと思います。

皆さんのおかげで楽しい結婚式&2次会になりました。色々手伝ってくれた方々、ほんとうにありがとう。
[PR]
by tamaptamap | 2011-01-12 19:45 | たまぴーの結婚
明けましておめでとうございます。 2011
c0018514_185468.jpg

えー、1月も半分過ぎようとしていますが、新年明けましておめでとうございます。
色々あって、今年もうだうだブログになりそうですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

えー、写真の通り、正月は大阪に帰っておりました。
とっても寒かったー大阪にも雪が降るほどに。
年末は天気も荒れ荒れで、せっかくの我が家の門松も玄関の中にしまわれながら新年を迎える始末。
山陰地方の方々は本当に大変でしたね。

クリスマスの早朝に出発し、メルボルン→ゴールドコースト→大阪、と飛ぶ予定でした。
ゴールドコーストにサイクロンが来て着陸できずV字飛行を繰り返した挙句、ブリスベンに着陸させられて、その後12時間空港に缶詰になり、夜中にケアンズに飛ばされそこで一泊し、翌朝やっと大阪に向けて出発するというとんでもないイレギュラーに見舞われました。
12時間空港に缶詰ですよ・・・たまたま同じ飛行機に乗り合わせていたAYAちゃん達がいなかったら私はあきらめてメルボルンに帰っていたことでしょう。相手してくれてありがとうね。

今それが引き続きクイーンズランド州は洪水でえらいことになっています。現地の方々お見舞い申し上げます。ちなみにここから募金ができます。

日本ではゆっくりさせてもらいました。手伝いに帰ったはずなのに(汗)
一応大掃除やこまごましたことは手伝ったけど、完全に寝正月。10月に食べれなかった好物の父特製うどんすき(父秘伝の黄金率で作った出汁。うまいのです)をたらふく食べて、くっちゃねくっちゃねコタツでみかんを食べ、ダウンタウンの笑ってはいけないスパイを見ながら年を越しました(幸)

久々に家族4人で初詣に行き、翌日はおばあちゃん家で親戚一同集まり昼過ぎから夜中までテッチリ・マツタケ祭!10日間の滞在で2キロ太って帰ってきました。
c0018514_1923711.jpg

今回は、アメリカ留学時代に知り合った、アメリカ在住のHちゃんと10年ぶりくらいに再会。
新世界の串カツ屋さんに連れて行ってもらいました。ほんとにうれしかったです。ありがとう。そしてご馳走様!
新世界のアーケードはそこだけ時間が止まったような空間でいい味だしてました。
おじさん率99%のエリアですね、あそこは。
[PR]
by tamaptamap | 2011-01-12 18:24 | 旅行記
結婚式の前に、秋祭り
c0018514_19284587.jpg

たまぴー実家のあるエリアでは10月に秋祭りが開催されます。
五穀豊穣・無病息災などを祈願して、木でできた大きな山車が何台も町を練り歩きます。

祭が盛んなエリアでは毎年この季節になると、老若男女皆お祭りモードで町中が盛り上がります。
毎年金木犀が香る頃になると、あちこちでお囃子の練習をしてるのが聞こえてきます。

祭の中心となって活動する青年団の男の子たちは、この年に一回の祭の為に生きているといっても過言ではないほど祭ラブ。学生の時にお付き合いしてた子は、当時、一番怪我をしやすい鳴り物担当だったので(だんじりに乗って笛や太鼓を演奏する子達)、祭の為にみんなで生命保険をかけたりしていたし。

男の子だけでなく女の子も祭好きな子は多く、この日が来ると髪の毛をセットして鉢巻を巻き、法被・パッチ・地下足袋姿で町を練り歩きます。女の子は高校を卒業すると法被姿も卒業して、普段着ながらも祭の日は朝から晩まで祭の後をついていきます。大人になった子達は、詰め所で皆のご飯を作ったりして違う形で祭りに貢献していきます。

メルボルンでも、春の競馬の季節になると出没する、酔っ払いの女の子たち。いかにも中学生くらいのヤンキーの女の子がはだけた法被姿で道端でつぶれているという、大変見苦しい姿を見かけたりもします (笑)  (お前もよく酔いつぶれるやろ!と言われそうですが、私は酔っ払っても道端で寝ましぇん!)

さて、このエリアで育った私ももちろん大の祭好き。渡豪してからは、数年祭りの時期に帰国できてなかったのですが、去年の10月頃、たまぴーの弟・ピロシが2010年青年団の頭を務めるという、たまぴー家にとって大変名誉なことが決定したので、私も張り切って一年前から有給を押さえていたのでした。それで、ちょうどいいから式も10月にやっちゃえ、ってことで結婚式の日取りも決定。

祭りの2日間は、早めに到着するオージー参列者10人ほどを連れて朝から晩まで町を練り歩く予定だったのですが、前にも書いたとおり父が緊急入院し家業が大変なことになってたので急遽ヘルプしないといけないことに。日曜日の昼なんか、オージー達にも手伝わせた横暴なたまぴー。おかげさまで、日中のパレードは見れませんでしたが、夜にはやっと間に合って、ヘトヘトでしたが弟ピロシの晴れ姿を拝むことができました。

祭りというのは、数ヶ月前から準備するのではなく一年前から青年団の子達は寄り合いやらなんやらでいろいろと忙しい。その子達をまとめていく頭役のピロシは仕事も忙しくて、残業してその後寄り合いにいって、と色々忙しい一年なのでした。それを労って、青年団の子達に花束をもらって胴上げをしてもらって泣きそうになっているピロシの姿を見て、つられて泣きそうになったたまぴーでした。父が見に来れなかったのが本当に残念。

ガイジン10何人も連れて詰め所にいったらえらいことになるかな、とちょっと心配でしたが、関係者の皆は「あ!ピロシ君のお姉ちゃんや!ひさしぶり~~~(私も高校まで法被着て参加してたクチ)うわーーガイジンいっぱいやなぁ~~~~」とびっくりしながらも「はろ~」と暖かく迎えてくれて、ガイジン達も「もっと飲め飲め」とただ酒ただ飯を振舞ってもらい、法被を着せてもらって写真を取ったりと、めちゃくちゃ受け入れてくれて大変楽しんでいました。キャンベラ・タイムズで新聞記者をしている友達が、この祭りのことを記事にする!と言っていたので、もしかして掲載されるかも?!

この祭りは、やんちゃで何か悪さすると青年団に入れてくれない場合もあるので、死ぬほど好きな祭りの為にヤンキーたちも更正したりするほど。こういう地域のイベントって本当にいいですよね。
[PR]
by tamaptamap | 2010-12-20 06:55 | 旅行記
四角いシュークリーム
c0018514_1993972.jpg

たまぴーの弟、ピロシの彼女が手土産にくれたもの。

日本のシュークリームは四角くなってるんですね・・・!
そして写真がブレブレですね・・・!

キューブ・シュークリームというのだそうです。

フレーバーも変わった組み合わせで面白いです。フルーツのやら、和三盆糖&栗餡とか黒胡麻&金時芋とかね。

甘いものあんまり食べないたまぴー家ですが、全部甘さ控えめで、みんなでちょっとずつ食べながら全部楽しませていただきました。

やっぱり日本のスイーツはすごい!!!

パティスリーブラザーズ
[PR]
by tamaptamap | 2010-11-26 19:21 | 食べ物
結婚式関連小物
c0018514_20105572.jpg

まず、私の結婚指輪。
金と黄水晶で、婚約指輪と全く同じデザインのものにしました。今後、子供が生まれたり何か記念の時にでも、違う石で同じ指輪を作って重ねづけしたいなーと思っとります。

トラさんのは、なんでもええわ~(指輪に興味なし)、ということでシンプルなシルバーのリング。
彼はよく物を失くす人なので、私もそれで気つかわんでええわ~
高いやつ買って、失くされたら、ゴジラのようにギャオギャオわめいている自分の姿が想像できる。
c0018514_20121891.jpg

次に、お花。
お友達ミチの結婚式で使っていたお花が本当に素敵だったので、私も同じところを使わせてもらいました。道修町にある月の庭さん。7月に帰国した際にミチに連れて行ってもらい、私の髪飾り、リストージュ、トラさんのブートニアを注文。ミチの写真やサイトで他の人の写真をいっぱいみてたけど、想像以上の素敵な出来上がりでとっても満足。本当に素敵なフローリストです。私はオーストラリアに持って帰ってこないといけなかったので造花で作ってもらいましたが、大阪のみなさんはぜひ生花で!!

前回にも書きましたが、私のドレスは阪神百貨店で4200円で購入した古着のドレスです。(えっへん)
貸衣装大放出セールというやつです。7月の帰国時に買いました。
その1ヶ月前にも、メルボルンでも一つドレスを買っていたんですけどね。それは、ウェディングドレスというよりも、アイボリー色でシルクのシンプルなストンとしたイブニングドレス(これも7割引の3万円くらいで)。母も私もバレエのファッションが好きなので、こういうスカートがぶわっと広がった感じに惚れて、このドレスを見つけた時、母も私も顔を見合わせて「うん、これやな」と即買い決定。

ただ、元貸衣装だっただけにドレスが少し汚れていたんです。「ちょっと汚いからクリーニングださなあかんなぁ」といってると、ピアノか声楽の発表会か何か用に緑やら金色のすごいドレスを試着してた大阪のおばちゃんたちがわらわらと寄ってきて、「あー、そんなん皆、家の風呂場で洗ってはるよー。それで十分。その感じの生地やと絶対大丈夫やと思うわー。よう似合てはるし絶対買い!」と太鼓判と共に豆知識を伝授してくれました。
次の日速攻、家の風呂場で、まるで樽の中の葡萄を素足で踏み潰しているワイン職人の様に、母と二人でドレスを洗濯。2回ほど洗うときれいになりました。ちょうど7月で暑くて乾きやすかったのでよかったです。ドレス代もクリーニング代も節約(嬉)

c0018514_20123155.jpg

トラさんのスーツはオーダーメイドにしました。
既成のスーツは、どうもトラさん好みのスタイルとかけ離れているらしく、どうせなら結婚を機に世界で一つのスーツを作ろうやんか!ということで、ネットで検索して見つけたココを利用。スーツはドレスと違って何度も使えますしね。ここは、家に来て採寸してくれます。私は会ってないですが、いい人たちだったらしくトラさんは大変気に入っておりました。

外側はシンプルな濃紺ですが、中身は、トラさんが父のように慕っていた天国のおじいちゃんの大好きだった色水色で仕上げました。
これを見たトラさん一家は「あーーーーーーおじいちゃんの色や・・・・・」と皆目を潤ませていました。大好きなおじいちゃんの思い出を肌に纏いながら式ができてよかったね。

襟の裏には、2人のイニシャルと挙式日。

ちょっと暴走族とかヤンキーの学ランみたいですけど、本人は気に入ってるようです。
[PR]
by tamaptamap | 2010-11-22 11:05 | たまぴーの結婚
トラさん&たまぴー 大阪の結婚式@太閤園
c0018514_21115727.jpg

お陰様で、10月13日に太閤園にて無事挙式をすませることができました。
遅くなりましたがその様子を少しご紹介します。

写真はアンヌイ&Mattagyさん夫妻が専属のカメラマンとして撮ってくれたものを少し編集しています。

太閤園淀川邸正面玄関。チャペルや洋風の会場もありますが、私たちは純和風を選びました。
オーストラリアから20人参列してくれ、彼らにも喜ばれたし、日本人にとっても大正ロマン溢れる素敵な建築なので、普通の挙式会場と一味違って楽しめるところです。親戚がほとんど着物を着てくれたので風景とよくあっていました。

ちょっと長いけど続き~
[PR]
by tamaptamap | 2010-11-18 18:17 | たまぴーの結婚
7月大阪里帰り
c0018514_0268.jpg

すっかり忘れてた、2ヶ月前の里帰り。
今写真を整理してて思い出した。
いつも実家に帰ると好物の海の幸をたんまり用意して待っていてくれる。
ほんとうにありがたい。
右上は薬味たんまりで見えないけど好物の鰹のたたき。
左下のはいかつい顔の鱧のあら。

10月の結婚式の準備メインでの帰国だったのだけど、何年も会ってなかった友達といっぱい会って、またまた楽しい里帰りでした。

大学の仲間・先輩と久しぶりに朝まで飲んで次の日の日曜日は選挙もいけないほどの二日酔いにみまわれましたが久しぶりに学生のノリで騒いで楽しかった。しかし体力はもう学生ではないことを痛感。昔は家には寝に帰るだけでいつも走り回ってたのに今はもうそんなことできましぇん。
c0018514_022348.jpg

大学のゼミ仲間のI君&奥さんとも何年かぶりにキャッチアップ。
天下茶屋の商店街の食堂でランチ。地元の人に愛されて何十年って感じのいい感じに古ぼけてる中華料理屋さんで美味しいご飯をいただきました。
その後にI夫妻が連れて行ってくれたこの喫茶店、コーヒールンバ。
路面電車の駅にひっそりと営業してる昔ながらの喫茶店。
c0018514_023328.jpg

お洒落なカフェもいいけど、こういう昔ながらの日本の喫茶店っていいですよね。
名前も乙。
ウインナコーヒー、めちゃ美味しかった!
c0018514_024439.jpg

親友のアンヌイさんの息子にも初対面。
新生児なのにしっかりした男前の顔つきで頼もしい子です。
近しい友達に子供が生まれると本当に痛感する、私達すっかり大人になってしまったのねー
(気分はまだ学生のピーターパン・たまぴー)

あっとゆうまに1ヵ月後はまた大阪です。さぁラストスパートで貯金貯金。
[PR]
by tamaptamap | 2010-09-05 00:12 | 旅行記
2010年2月の里帰りで食べたもの
c0018514_19521575.jpg

2月末の里帰りの写真をば。。。と思っていたのだけど、結構個人的な写真が多いので載せれるものがあまりなく。。。って、これも個人的ですが、記録に食べ物の写真を載せときます。自己満足。

まず、大好きな居酒屋スタイル ↑。目の前に食べ物が陳列されてて注文すると目の前で調理してこういう舟を漕ぐやつみたいなのでサーブしてくれるの。「こういうのって昔はいっぱいあったけど、あんたらはそういうのがめずらしくていいんやねー」とうちの母は言っていましたが、こんなにすばらしいスタイル、なんで減っていってるの?昔梅田ロフトの近くに昔の家屋を改造したようなこういう居酒屋がありましたが何年か前に潰れてしまったみたいですね。こういうのメルボルンでも絶対うけそう!
c0018514_19523132.jpg

メルボルンであまり食べれない食材。左上から・・・

☆しゃこ。 
☆母の還暦祝い家飯で父が調達した高級霜降り肉と大阪湾で取れた新鮮ソフトシェル海老。
☆赤貝などお造り盛り合わせ。 
☆ひな祭りに蛤のお吸い物。
☆甘エビ。
☆鯖の酢〆。
☆「ムツ」という深海魚。脂がのっていてめちゃおいしかった。レモンと塩でシンプルに。
☆串の坊。小さい時から大好きなレストラン。カウンターに座ってサーブしてもらうのってすごいワクワクしていいですよね。


などなど・・・

色々食べれて大満足ですが、トラさんを連れまわしてバタバタしてたので

またラーメン食べ忘れたっ・・・・!(涙)
何か忘れてるなぁ、何やろうなぁ?ともやもやしてたのですが、メルボルンに戻る飛行機の中で思い出した時すでに遅し。。

次7月帰国までお預け。
[PR]
by tamaptamap | 2010-04-13 16:00 | 旅行記
婚約しました
c0018514_2041657.jpg

今日のお昼前に無事メルボルンに帰ってきました。今回もバタバタしてみんなとゆっくり過ごすことはできなかったけど、それでも楽しい楽しい10日間を過ごすことができました。時間を作ってくれた皆様ありがとう。

さて、前回に書いた「今回の里帰りで予定していた人生の一大イベント」とはずばりタイトルの通りです。

前にも書きましたが、トラさんと出会って8年、渡豪して4年半、うちの両親は私達の交際に、天地がひっくり返るくらい反対でした。相手の人種はどうでもいいけど、娘が遠くに行ってしまうのが本当に耐えられないというのが主な理由でした。

しかし、去年の11月に一人で大阪に帰ったとき、いきなり親の方から「はよ結婚しなさい」と言ってきたんです。今年32になる娘が結婚もせず宙ぶらりんでいるのが本当に辛かったみたいですが、去年の2月にトラさんと里帰りをした時に相当気に入られたみたいでそれが今回の決断の後押しになったようです。(百聞は一見に如かず、ですね。)

もともと母の還暦祝いを兼ねて二人でもう一度日本に行ってきちんとけじめをつける段取りでかなり前から今回の里帰りのチケットを押さえていたので、帰国前にちょうどタイミングよく話が進んでラッキーだったのでした。

以前は涙を流しながら「はよ別れて日本に帰ってきなさい」とずっと圧力をかけられていて、私もストレスで顔がピクピク痙攣していたころに比べると、状況はかなり前進したものです。

親に口答えしても口下手な私は絶対負けるし、口答え以前に親の言い分も重々わかるのでので、今まで帰国の度に涙を流す両親の前でじっと正座をして黙り込むことしかできなかった私。それでも「私達の可愛い可愛いたまぴー。私達にとってはとても辛い決断。でも悩んでいても答えはでませんでした。一緒に前に進んで幸せになりましょう。」とメールをくれた時は涙がでてきました。

それからトントン拍子に話が進んで、「あんたも今年32になるし早く子供を作りなさい」と、話が進みすぎて、しまいには「孫は寅年にして」とかわけのわからんリクエストまで出てきました。

結婚が決まると周りの方がすごい動き出す、と世間ではよく聞きますが本間ですねぇ。残念ながら寅年の孫は無理ですが、私もトラさんの周りも妊娠出産ラッシュですごいです。できるだけ早く授かることができたらなぁ、と思います。

せっかくのこの里帰りを利用して式場を押さえるべく、実家にちょくちょく式場の資料請求をしていた私。今さらですが、トラさんには是非親にきちんと挨拶をしてほしい。親の方も式場を見てるのに今さら「娘さんを下さい」的な台詞はちょっとおかしいので、「結婚を許してくれてありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。」と日本語で言う練習を必死でしていきました。


にもかかわらず


日本があまり上手でない上に極度の緊張で台詞が思い出せなかったトラさん。
脂汗かきながら必死で思い出していった言葉は

「ケッコンヲ ユルシテクレテ ドウモ オネガイシマス」

それを聴いた瞬間、隣でいる私の脇汗もびちょびちょになりましたが、父は言いたかったことを理解してくれ、「こちらこそよろしく!」と笑顔で握手の手を差し出してくれました。でも握手しながら「でも、この子は自分の命より大事に育ててきた可愛い娘。もしもなんかあったらコロスw」としっかり言われていましたが。

挨拶に行った先でも「新しい甥/従弟ができてうれしいわぁ!」と親戚に大歓迎されて本当に充実した10日間を過ごしたトラさん&たまぴー。旅日記はまた追々アップします。

大阪とアデレードで小さな式を2回する予定です。どちらの式も安くてカジュアルな感じにすませようと思っていたのですが、日本の方は親戚もいるしあまりにも安っぽいのはNGと親に言われたので、大阪では親族を中心にした式を10月の平日に太閤園でします。(平日だとちょっと安めのプランがある。)到着した翌日から母と一緒に3件回ってからここに決めて、衣装合わせも済ませました。(写真は母からOKサインをもらってるトラさん)。週末に友人を呼んで2次会をする予定なので決まったらまたご報告します。来て頂けると嬉しいです!アデレードのはまだ決まってませんが、10月よりも前にもっとカジュアルなパーティをする予定です。

しかし式場の見積もりをみてドン引きな私達。今回の里帰りでは全くお金を使う気にもなれませんでした。
7月に私一人でまた帰国する予定なので、その時に式場と色々詰めた話をする予定です。結婚式って大変そうですが、幸い(?)そんなにこだわりもないので(お色直しとか一切無しでできるだけシンプルに「お食事会的」なのが希望)できるだけ楽しんでがんばります。

長くなってごめんなさいー
[PR]
by tamaptamap | 2010-03-07 20:52 | たまぴーの結婚
日本里帰り11月19日~11月28日
おーーーーーーーっとぉぅぅーーーーーーーー

あかんあかん、ちょっと間を置くと、十八番の放置プレイが炸裂してしまう。

独り言スタイルの日記ブログにいつもお越しいただきありがとうございます。


さて、

前回でお伝えしましたが、6ヶ月ぶりに日本に帰ってきました。
(しょっちゅう休みを取ってるように思われがちですが、みんなと同じ有給内でちゃんとやりくりしてるのですヨ。)
今回は特に何も用事がなかったのですが、今年の初めにジェットスター様の格安チケットをゲットしたので、親に私の丸々した元気な顔を見せに帰ってきたのでした。
c0018514_20322773.jpg

今回は   「できるだけ何もせんとこっ」   っていうのがテーマで、
(だから写真も全然撮ってない)
一日を除き、毎日家で晩御飯食べました。
大変「娘バカ」で恐縮ですが、やっぱり家のご飯が一番美味しい。。。
外で食べても、なんだか盛り付けとか器とか格好ばかりつけてて実際食べると、何じゃそりゃってのが多かったのね、前回。。。ってそれは私が安いところばっかり行くからですかね?選択を間違えてるのもあるんでしょうね。

外食続いても、お金ももったいないし・・・(それが一番の理由か?!)

毎日甘えて家で食べてました。

でもやっぱり小さいときから食べなれてる味は体にも心に沁みますわ。結局そういうことですね。
c0018514_20352190.jpg

「できるだけ何もせんとこ」 とは言っても会いたい人もたくさんいるわけで。

前回の帰国で大変お世話になった栄養ドリンク。毎日遊ぶって毎日仕事する何倍も疲れますよね。今回はスローペースな予定にしたつもりやけど、一本だけいただきました。

久しぶりに神戸にもいってきた。南京町はメルボルンの中華街と違って、気軽につまめる豚まんとかチマキとか色々安くであって食べ歩きが楽しそう。

えーーっと、全然話がつながってないけど、立派な丸大根もいただきました。おいしかった。小さい頃よりも断然良さがわかってきた。大人になったってことですね。

それと、母が毎日朝食に食べてるカスピ海ヨーグルト。なんと生姜を入れて食べるんです。普通のヨーグルトだと酸味が強いのでちょっと蜂蜜なんか入れてもいいかも。生姜ヨーグルトかなりいいですよ!!!


家族・親戚&友人とのんびりした10日間。一緒に夜遊びしまくってた仲間たち、みんな妊婦とかお母さんになってて、ちょっと焦った今回の里帰りでしたw



最後に、一つ気になったこと。
関空に到着して降機した後、トイレに行ったんです。ちょっと我慢してたので、駆け込んで、ズボンを下ろして便器に腰掛けて、ふーーーーーっと息をついた瞬間目に入ったもの↓
c0018514_2049136.jpg

あーー、日本やなぁ!!!!って感じ。

でもこれは何に対して「ありがとう」なんでしょうか、関空株式会社トイレ担当の方?
[PR]
by tamaptamap | 2009-12-08 10:18 | 旅行記