タグ:メルボルン ( 106 ) タグの人気記事
William Barak Bridgeから全豪オープン予選の様子
c0018514_1434837.jpg

メルボルン市内、Birrarung MarrからMCGにかかるWilliam Barak Bridge。

フリンダース駅からMCGに歩いて行くのにとっても便利。East Melbourne/Jolimontから市内中心部に行くのにも、シティ全景が望めるので、このルートはなかなかよい散歩にもなります。

全長525mのこの橋にはちょっとした仕掛けがあって、橋の途中に行くと、オーストラリアに住むコモンウェルス(※)53カ国の人達による、それぞれの国の歌謡がスピーカーから流れてくるのです。

このプロジェクトのリンク → http://www.waxsm.com.au/proximities.htm

歌が流れているというを知らずに初めてこの橋を渡った時、ちょうど歌と歌の間で無音だったので、いきなり次の歌が始まった時は、一人で「ッゥワッ!!」とめちゃびっくりして変な悲鳴を上げたのを覚えています。
橋には誰もいなかったのに、いきなり、耳にしたことのない言語が混ざり合ったわけのわからん人間の声が聞こえてくるんだもん。

しかも、その歌の交わり具合が絶妙で、空耳アワーが炸裂。

ま~か~はん~にゃ~は~ら~み~た~

って聞こえたような気がして、なんだか怖くなっておもわず小走りになりました。

c0018514_14343657.jpg

さて、その橋から現在開催中の、全豪オープンテニスの予選が見えます。
チケット買わなくてもプロの試合が見れるなんてちょっとお得。
「見えます」といっても全部はっきり見えないので、雰囲気を楽しむって感じかしらん。
ちなみに14番コートのみほぼ(90%程)見えます。なので事前に14番のドローを調べるといいかも。

ン~~~~~ジャラメジャラメジャラメ~~~~~~~~
ポアポア~~~ディランディラハイナ~~~~~~ッギャオッ!!!

(↑ 注:実際の歌詞ではなくて、たまぴーの空耳です。)

こんなBGM付ですけど。



※イギリス連邦 
(ウィキペィデアより)イギリス連邦、または英連邦(英: The Commonwealth of Nations, The Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、イギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな連合(集合体・組織体)。現在54カ国。
[PR]
by tamaptamap | 2010-01-16 14:03 | 日常(オーストラリア)
中華 Lau's Family Kitchen @ St.Kilda
c0018514_21122143.jpg

メルボルンの有名高級中華レストランのシェフ、Gilbert Lauさんの息子のJames Lauさんがシェフを勤めるLau's Family Kitchenに行ってきました。
Flower Drumよりも店内の雰囲気もお値段もカジュアルなのに味もなかなかいけるという。
c0018514_21123460.jpg

この日食べたもの(大人6人)

(前菜)
Salt & Pepper Squid、海老と帆立のシュウマイ、ラム肉の春巻き

みんなで平等にシェアして食べたいでしょう、ということで料理ができあがるとまずそれをテーブルに持ってきて見せてくれ、それから奥に持って帰って一人ずつ平等に小皿に取り分けて持ってきてくれます。

アンタのほうがイカがちょっと多いやん!とかいう喧嘩もせずにすみます。

(メイン)
Eye Fillet
酢豚
海老
麻婆豆腐(写真忘れた)

(っていうか料理の名前全部忘れた)

味はこっちにしては珍しく、とってもシンプル&薄味。
ソースの味が濃すぎて何食べてるのかわからんような代物は一つもなく、素材を生かした丁寧な味付けで日本人の口に合うと思います。料理の種類も「正統派中華料理!」っていうのばっかりで、風変わりなフュージョンなものもなし。この薄味オージーに受けるのかな?と思ったけど平日でも満員御礼でした。

Flower Drumじゃなくて、ここで十分いいんでは?と思いました。もちろんあの高級な雰囲気とかロブスターとか鮑とかが欲しい人は別として。

6人で一人お酒1、2杯ほど飲んで一人$50でした。
全部おいしかったけど、特に印象には強く残った料理はなかったように思う。
家でも食べれそう、みたいな?・・・いや、私は絶対作られへんのですけど、$50も出すんやったらオカンに作ってもらったらええんちゃうん!みたいな?

ただ一つ、

Eye Filletは最高においしかった。すっごくやわらかくて口の中で解けた。
これだけを食べにもう一度行きたいと思います。今度行った時は、二人でこれ頼んで白ご飯だけなら一人$20?(笑)いやーほんまにね、これはめちゃくちゃおいしかったよーー!!!!


サービスはFlower Drumよりもかしこまってなく、フレンドリー&痒い所に手が届く感じでよかったです。っていうか親父(Flower DrumのGilbertさん)がバイトに混じってフロアで働いてるのです。若いウェイターの子達に混ざってなんやこの人だけやたらオッサンやな、と思って顔を上げると彼がニコニコした顔で料理をサーブしてくれるのです。私は知らなかったのですが、一緒に行ったトラさんの従兄(アデレードでシェフを育成してる人)が、Gilbertさんってシェフの間ではかなり立場が高い人としてリスペクトされてる有名人なのに!と、びっくりしてました。

親父がフロアで息子がキッチン、名前のとおり家族ぐるみでこじんまり経営しているフレンドリーなレストラン。

Lau's Family Kitchen
4 Acland St
St Kilda 3182 VIC
Phone: (03) 8598 9880
[PR]
by tamaptamap | 2010-01-13 18:57 | 食べ物
Kさん送別会 @Coda
c0018514_1924121.jpg

お互い獅子座の女王様&オッサンキャラでとっても気が合い、たくさん一緒に遊んでいただいたKさん。メルボルンでの任期を終え、今週東京に帰任されることになり、いつもの酒飲みガールズでお別れディナーに行ってきました。

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-12-23 10:24 | 食べ物
カンガルー肉を食べる @Star Restaurant
時は遡って・・・ (←ロールプレイング冒険ゲーム調)

先月11月の初め・・・ (←でも一ヶ月だけ)

日本の会社で入社直後から、手取り足取りお世話してくださった先輩
コアラ師匠が、メルボルンに遊びに来てくださいました!


今までも友達数人がアデレードまで遊びに来てくれたり、また別の先輩もメルボルンF1ついでに遊びに来てくれたし、高校からの親友なんて6週間語学留学に来てくれたし・・・日本からゲストが来るというのは毎度心浮き立つもの。一緒にあれもして、これもして・・・

しかし・・・
いかんせん私の残有給日数がカツカツだったので、週末以外は通常通り出勤し、その間は放置プレイ・・・しかし、さすが旅慣れているコアラ師匠、お一人でもメルボルンをしっかりと堪能されたようで安心しました。

エッフェル塔やら自由の女神など様なコレ!といった見所が特にないメルボルン。

師匠の来豪が決定してから、どこにお連れしたらいいのか頭を悩ませましたが、結局いつもと変わらないルートで街をぶらぶら・・・(単に予習できてないだけ)、でもメルボルンって滞在してるとジワジワ良さが見えてくるんですよね。アートとスポーツがうまく融合していて、決してめちゃくちゃエネルギッシュというわけではないけど、大きすぎず、小さすぎず、物理的なものも精神的なものもバランスがうまく取れてる街だと思います。「世界一暮らしやすい街ランキング」でも一位に何度も選ばれたりしたと耳にしますがそれも納得。



(おいしいラーメン屋さんはないけどね・・・)



さて、どこにお連れしたらいいのか頭を悩ませたのですが、一つだけ絶対行きたかったところ。

西のベトナム人街、Footscrayにあるカンガルー肉が食べれるベトナム風焼肉レストラン。
かなり前にこちらで見て以来、ずーーーーーーっと行ってみたいなぁと思ってたんです。

カンガルー肉はステーキとかだと近所のパブでも食べれますが、ベトナム風焼肉なんてちょっとエキゾチック(?)でよろしゅうございませんこと?(誰?)

と、言うことで、仲間たちに声をかけて10人ほどで行ってきました。

c0018514_2125073.jpg

これがカンガルー。半解凍のまま出てきましたが(汗)、しっかりマリネされてて、やわらかくておいしい。
c0018514_213330.jpg

肉をオーダーすると一緒にでてくるレタスやもやし、春雨などと一緒にラッピングして、ソースにつけて食べるのでございますよ。野菜もたくさん採れていいこってす!

でもぶちゃけ、その他のアラカルトメニューは微妙でした。我々の選択が間違えてたのか?レモンチキンのソースは、恐ろしいほど鮮明な黄色で、カキ氷のシロップをもっと化学薬品たっぷりな感じにした味がしたYO!

Star Restaurant
149 Nicholson St
Footscray VIC 3011
(03) 9687 3555


ちなみにこのレストランのトイレの照明は全てブラックライト。
店内の内装はよくある中華系の安っぽいシンプルな感じなのに、トイレだけちょっとナイトクラブ風?!とみんなで分析してたところ、仲間の一人が言いました。


「あ、それはトイレの中で血管を見えへんようにする為やで。そうするとトイレで隠れてヤバイもの注射でけへんでしょ?」


おおっ!なるほど~~~~~
ていうか、怖いぞ~~~~~~~~~!!!!!


てな感じで、メルボルンの色んな面を堪能していただいた今回の旅、コアラ師匠@メルボルン5泊。私にとっていつもの見慣れた風景も、師匠と一緒にいると新鮮に映って楽しめました。

私一人なら、普通に見過ごしていた、あの、ノン・ジャパニーズが経営している某エセ日本料理屋で見つけたメニューとか。。。

c0018514_2131684.jpg

鰻重のところだけやたらとモザイクがかかってる!!!

なぜっっ・・・??

鰻重の写真をGoogle Imageで検索したけど、小さい画像しか見つけられなかったからそれを拡大して、「これでまぁええんちゃう~?」っていうノリで使用したのか。

実際に鰻重を作って写真に撮りたかったけど、鰻は高いから、違うもので代用したものの、やっぱり見た目があまりにも鰻とはかけ離れていたので、モザイクをかけて、「これでまぁええんちゃう~?」っていうノリで使用したのか。


旅の締めくくりに、ちょっと考えさせられましたよねぇ。

また来たい!と言ってくださって、私はとっても嬉しかったです。来年はもっと長く滞在してくださいね!
[PR]
by tamaptamap | 2009-12-11 09:03 | 食べ物
メルボルンのパブ The Pinnacle @ Fitzroy North
c0018514_2191834.jpg

Fitzroy Northのアイコン。The Pinnacle。NYのフラットアイアンビルを小さくした感じのおしゃれな建物。昔は郵便局だったらしく、建物の側面には昔使われてた私書箱も残ってて情緒があります。
c0018514_2193214.jpg

今は地元っ子が集まるパブで、落ち着いてるけど気取ってなくてフレンドリー、なかなか気に入っております。綺麗でおしゃれでモダンなパブってあんまり好みじゃないんですよね。でもここは内装も昔のをそのまま残していておしゃれで綺麗なんですよ。アンティークで暖かい色でまとまってるし。奥にはビアガーデンもあります。
c0018514_2194748.jpg

この日はたまたまジャズバンドが生演奏していました。すごい上手な人たちで、老若男女みんなビール片手に音楽に聞き入っていました。好きなパブの一つ。
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-19 19:10 | 日常(オーストラリア)
アールデコなマクド
c0018514_20303664.jpg

うちの近所にあるマクド。建物がアールデコでめちゃかわいいでしょ?
アメリカ留学時代住んでたセントルイスにはミズーリ川に船上マクドがありました。マクドってあんまり行かへんけど、国によって色々メニューが違いますよね?って日本のチキンタツタ・照り焼きバーガーと、アメリカのCajunバーガーとかしか知りませんが。京都の茶色&黄色のマクドやらありますが、他にも面白いマクドってあるのかしら?タイにはこんなんありましたが、これは多分ただのパチもんグッズの一つなのかな?マレーシアにはSatayバーガーとかあったりするのかな?

全然関係ないけど、今日晩御飯の汁物にコーンスープを作ったのですが、
トラさんに「これ何のスープ~?」って聞かれて、
「あー、It's トウモロコスィ~
って変な外人訛りの日本語と英語が混ざって自分でびっくりしました。
トラさんの頭の上にポポポッと「?」が数個浮かんでたので、急いで「コーン、コーン、Corn!」ってすぐ訂正しましたけど。脳みそが歳とってきたんかのぉ~
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-12 19:30 | アート
Claypotsで魚にかぶりつく
c0018514_19504625.jpg

お友達のもりにさんとフィッツロイにあるClaypotsに行ってきました。
割とお手ごろな値段でいろんなお魚料理を出しているところです。
c0018514_1951442.jpg

前菜はこんだけ種類があります。
こういうプレゼンテーションがいいですね。写真ブレブレですけどね。
シトラスで〆たサーモンと、蛸のソテーと、南瓜とひよこ豆の中東風のサラダをチョイス。
メインは北アフリカ風の蒸したCod丸々一匹。4人分くらいあったのを二人でぺろり。
めっちゃおいしいっ!っていうほどでもないけど、4人くらいで来て、席に座ってお酒を飲みながらメゼをつまんで魚をがっつり食ってもお財布がそれほど心配じゃないっていう図がなかなかいいじゃないですか。

もりにさんとは、実家の環境とか似てるし、価値観も共感できることが多いのでいつも話が止まりません。会う度にいつも頭の中にあるごちゃごちゃを順不同で吐き出して、全部根気良く聞いてくれ、気がつけば頭の中が整理整頓されてます。悩み事がある時に信頼して相談できる存在でありがたいです。日本の友達も家族もこっちの友達もみんな良い人ばっかりで恵まれてるわ~帰りトラムの窓から夜のメルボルンを眺めながらしみじみそう思いました。シーフード好きなんで、魚食べた後は特に幸せモードが倍増☆
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-11 20:29 | 食べ物
Northcote ::: Cafe Palomino
c0018514_21502557.jpg


More
[PR]
by tamaptamap | 2009-09-13 21:51 | 食べ物
スウェーデン料理教室・魚週間
c0018514_21192091.jpg

こちらでスウェーデン料理のレッスンを受けてきました!

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-09-07 08:52 | 食べ物
写真って
大学のときちょこっとだけ参加していた写真部で、他のみんなに比べて、やたらとカメラの知識がずば抜けている人がいました。私の最初の一眼レフは、そんな彼に譲ってもらったものです。(今はデジカメがあるし、何よりも重すぎるわで全く使っていません。こないだ見たら実家で埃かぶってました。)

さて、その写真に詳しい彼。ちょこっとだけの入部だったので、詳しいことはわかれへんけど、まぁ彼はちょっと煙たがれているキャラであったらしいということは薄々感じていました。

彼は、
「こういう天気で、こういう被写体の時は、絞りは○○、シャッタースピードは△△、ISOはこれくらいでフィルムはこの種類で。。。」
っていう知識がすごいの。お前はレインマンか!っちゅうくらい。
そういう知識って写真してる上ではとても大切。でも彼の写真ってなぜか心惹かれるものってなかったんです。それは写真部のみんながいっていた。そういう数値もとっても大切やけど、構図がなってないって。(
みんなの写真を評価するときに、数値ばっかり引用してきて薀蓄たれるので、お前のはどないやねん!っていうので皆にちょっと煙たがられてたみたい・・・)

ていう話を、これを見て思い出したんです。
c0018514_19334392.jpg

Darfur Australia Network主催のFar to hereという写真展。(めっちゃ前なので今はもうメルボルンでやってません 汗)スーダン西部のダルフール紛争から逃れてきた難民が多いオーストラリア。そんな難民の子供たちにカメラを与えて、好きなものを撮ってもらったものを展示しています。

純真無垢な視点でフィルムに収められたすばらしい写真がいっぱいあったのだけれども、一番惹かれたのはこの真ん中の写真。青空いっぱいに男の子の顔。空間の使い方が乙やわ~~~~!!!
彼らはカメラの薀蓄なんてぜったい知らないはず。絞りとかISOとかそんなん関係なく、「好きなものを撮る!」と思ってカメラを構えていたのでしょう。お昼休みによく行くギャラリーで、写真の前で一人ほっこりしました。脳みその森林浴になります。

(って私のこの↑写真の構図こそいけてない)
c0018514_1934158.jpg

僕の名前は○○です。何歳です。友達と遊ぶのが好きです。
とかそういう簡単な自己紹介が添えられてて、子供っていいなぁ、と思いました。故郷から遠く離れてしまったけどもこれからの彼らの人生が素晴らしいものでありますように。彼らがいつでも故郷に帰れる日がきますように。ラブ&ピース

メルボルンの皆さん、今日から衆議院総選挙の在外投票が始まりますね。
今日はお昼休みに領事館で投票してきます。
[PR]
by tamaptamap | 2009-08-19 09:06