タグ:アート ( 32 ) タグの人気記事
Northcoteにてうさぎ会とアート
c0018514_20412244.jpg

メルボルンで、2011年卯年生まれの赤ちゃんを持つ日本人ママ会、月の子うさぎ会というのを妊娠中からお友達と始めて、今は五十人以上の大きなグループになっています。
定期的に集まってみんなで遊んで楽しんでいます。年の近い子供を持つ皆と喜びや悩みを共有して、まだまだ新米ママな私の大きな心の支えになっています。

興味のある方はメッセージ下さい(^-^)/

さて、今日はうさぎ会のお友達とNorthcoteのプレイセンターに行ってきました。
c0018514_20412351.jpg

大好きな海苔をオヤツに舐めまくるイーマちゃん。

家路につく前に、少し久しぶりのNorthcoteを散歩しました。
c0018514_20412454.jpg

High Streetでは至るところにアートが点在していました。
c0018514_20412524.jpg

Northern Exposureというアートプロジェクトが開催中らしい。
http://highstreetnorthcote.com.au/
c0018514_20412684.jpg

iPhoneの写真でわかりにくいですが。
c0018514_20412756.jpg

お茶目な作品がいっぱい。
c0018514_2041281.jpg

昔このエリアに住んでたのですが、最近すっかりご無沙汰でした。
c0018514_20412958.jpg

先週まで四週間、イーマちゃんと夏の大阪を満喫して、冬のメルボルンに戻ってきて少し落ち込みかけたのですが、冬のメルボルンも素敵なイベントがいっぱいでいいなあと思いました。
c0018514_20413083.jpg

昔は酔っ払いながら千鳥足でよく歩いたHigh street。今日は綺麗なピンクの夕焼けに照らされながらイーマちゃんをおんぶして、「これかわいいね」とか言いながら鼻の先で冬の冷たい空気を、背中でイーマちゃんの温かみん感じながらゆっくり散策しました。
[PR]
by tamaptamap | 2012-06-19 20:22 | 日常(オーストラリア)
Heide Museum of Modern ArtとGreat Ocean Road
今月初めに、スペインからお友達のエベが我が家に2週間遊びに来てくれました!

2月3月はあまり有給が取れなかったので、ほぼ放置プレイで申し訳なかったですが、去年結婚式にもきてくれてその時に仲良くなったオージーゲストたちにもいっぱい遊んでもらい、バルセロナにはないのんびりしたオーストラリアの雰囲気に癒されて大満足で帰っていきました。

エベと一緒にうちからそんなに遠くないところにあるHeide Museumというところにいってきました。
c0018514_19145474.jpg

緑豊かな素敵なスカルプチャーパークがあってそこは入場無料、ピクニックに最適。

$12払うとミュージアムにも入れます。こじんまりしてるけどオーストラリアのアーティスト中心の作品がたくさん展示してありとっても見ごたえがありました。平日にいったので人もいなくてとてもゆっくり回れたし。
c0018514_19151857.jpg

公園の中にはカフェもあります。Café Vue at Heide敷地内の畑にいっぱい野菜が植わってるのでたぶんそこの食材を使ってるのかな。
エベが食べたラムのパイ(たしか$12くらい)と、私が食べたランチボックス(たったの$15)
→自家製チップとババガヌーシュ、ミニバーガーとシーザーサラダにチョコレートムース。
あの有名なVue de Mondeと同じ系列です。でも値段もそんなに高くなくってとてもおいしかったです!ここも絶対またいく!平日なのにとっても込み合っていました。
c0018514_19234980.jpg

公園内にたくさん生えていた木。Osage Orangeという種類なのだそうです。脳みそみたいな実でしょう。

アートと自然とおいしいご飯が楽しめる素敵な公園で、子供が生まれたら絶対通いたいところ。結局ここに4時間以上いました。

c0018514_19391831.jpg

Great Ocean Roadにもいってきました。6人で3ベッドルームのアパートを借りて一泊しがてらのんびりのんびり。メンバーのうち一人が昔ツアーガイドをしていたので熱帯雨林やらコアラがいっぱいいる山道につれていってもらいました。
c0018514_20281316.jpg

c0018514_19412979.jpg

何年か前に来た時には立ち寄ってないGibsons Stepsという場所。浜辺まで降りて奇岩を眺めることができます。めちゃくちゃお勧め。水も砂浜もめちゃくちゃきれくて奇岩がなくても立ち寄りたいくらい。メインスポットよりも迫力があって圧巻です。

エベが来てくれて、私もまたフレッシュな視点でオーストラリアを見れて楽しかった。

エベはお母さんが関西人なので日本語がペラペラ。日本語というか大阪弁がすごくて、「おもろいな~」のことを「けっさくやな~」と言う。今時私らでも言わない・・・私も2週間久々に大阪弁にどっぷりな毎日を過ごせました。

あとやはり海外からゲストがくると、私たちにとっては慣れてしまって普段見落としがちな何でもないことを改めて考えたりするいい機会でもありますね。

スペインでは「チャイニーズ」と苛められ、日本では「ガイジン」として見られる、アイデンティについて悩みながら育ってきたエベは、オーストラリアでは道を歩いてても誰にもジロジロ見られないことが本当に開放的で嬉しいことだったのだそうです。スペインはやっぱり彼女にとって1番の場所で、日本も第2の故郷として大好きやけど、「メルボルンに住みたいわ~!」と真剣にどうやったらこの国に住めるかの手段を考えていました。そんなに気に入ってくれてよかったよー

次は私がスペインに行く番!来年あたりいけたらいいなぁ。
[PR]
by tamaptamap | 2011-03-31 19:28 | 日常(オーストラリア)
Tim Burton見に行って、パブを梯子 Hells Kitchen & Grace Darling Hotel
c0018514_22132054.jpg

とある週末。トラさんと久しぶりにCityでデート。

ちなみにこの真ん中の茶色の建物はForumというところで、ビクトリア州遺産二登録されているシアターです。外観もかっこいいけど、中がめちゃくちゃすばらしいです。天井が青くて小さな星がちりばめられててめちゃかわいい。まるで夜の中世ヨーロッパの町に迷い込んだような感じ。そんな中でバンドの生演奏が聞けるなんて素敵じゃないですか。

More
[PR]
by tamaptamap | 2010-08-11 11:34 | 日常(オーストラリア)
Skipping Girl Vinegar - Little Audrey
c0018514_1045566.jpg

メルボルンIKEAの前にあるこのネオンサイン。

ウィキペィディアによると、この女の子はオードリーちゃんというらしく、1930年代Skipping Girlブランドで販売されていたお酢のイメージキャラクターだったそうです。
工場が壊されるときに取り外されたのですが、1970年、住民の強い希望により、オリジナルよりも少し小さいサインが再び取り付けられました。夜になると女の子がピョンピョン縄跳びをするんです。おそらくオーストラリアで最初の動くネオンサインといわれていて、動きもレトロでとってもかわいい。

約30年後、動かなくなったオードリーちゃんの為に募金が集められ修復されました。
みんなに人気なんですね。どんどん新しくなるハイテクの電光掲示板もいいけど、こういういいデザインのものは何十年立っても時代遅れな感じがなくていいですね。
[PR]
by tamaptamap | 2010-01-26 11:01 | アート
Collingwoodにも!
c0018514_10121756.jpg

かつての低賃金労働者の町の色がかすかに残る、コリンウッド。

今ではオサレな店・レストランが立ち並ぶメルボルンの中でも人気のエリアの一つです。かわいい雑貨を買いにブラブラしてると、ジャンキーで廃人一歩手前の兄ちゃん姉ちゃん達に 「1ドル恵んで~~~」 と声をかけられます。

以前トラさんが、ポケットにたまたま入っていた20セントをあげると、金額が少なすぎたのか怒ってコインを投げ捨てたホームレスの兄ちゃんがいました。塵も積もれば、なのにな~

どこか廃れた感じのする、でもお洒落なこのエリア、なかなか乙であります。

さて、そのコリンウッドのHoddle StreetとAlexandra Paradeの角に、巨大グラフィティ発見。

これと同じEverfreshの作品ですよね?絶対?

でかくて写真におさまりませんので、コラージュにしてつなげました。モノトーンで大人な雰囲気のFitzroyのよりも、かわいらしい感じ。

顔を右90度に傾けてご覧ください。

作品全景コラージュ
[PR]
by tamaptamap | 2010-01-26 10:20 | アート
アールデコなマクド
c0018514_20303664.jpg

うちの近所にあるマクド。建物がアールデコでめちゃかわいいでしょ?
アメリカ留学時代住んでたセントルイスにはミズーリ川に船上マクドがありました。マクドってあんまり行かへんけど、国によって色々メニューが違いますよね?って日本のチキンタツタ・照り焼きバーガーと、アメリカのCajunバーガーとかしか知りませんが。京都の茶色&黄色のマクドやらありますが、他にも面白いマクドってあるのかしら?タイにはこんなんありましたが、これは多分ただのパチもんグッズの一つなのかな?マレーシアにはSatayバーガーとかあったりするのかな?

全然関係ないけど、今日晩御飯の汁物にコーンスープを作ったのですが、
トラさんに「これ何のスープ~?」って聞かれて、
「あー、It's トウモロコスィ~
って変な外人訛りの日本語と英語が混ざって自分でびっくりしました。
トラさんの頭の上にポポポッと「?」が数個浮かんでたので、急いで「コーン、コーン、Corn!」ってすぐ訂正しましたけど。脳みそが歳とってきたんかのぉ~
[PR]
by tamaptamap | 2009-10-12 19:30 | アート
写真って
大学のときちょこっとだけ参加していた写真部で、他のみんなに比べて、やたらとカメラの知識がずば抜けている人がいました。私の最初の一眼レフは、そんな彼に譲ってもらったものです。(今はデジカメがあるし、何よりも重すぎるわで全く使っていません。こないだ見たら実家で埃かぶってました。)

さて、その写真に詳しい彼。ちょこっとだけの入部だったので、詳しいことはわかれへんけど、まぁ彼はちょっと煙たがれているキャラであったらしいということは薄々感じていました。

彼は、
「こういう天気で、こういう被写体の時は、絞りは○○、シャッタースピードは△△、ISOはこれくらいでフィルムはこの種類で。。。」
っていう知識がすごいの。お前はレインマンか!っちゅうくらい。
そういう知識って写真してる上ではとても大切。でも彼の写真ってなぜか心惹かれるものってなかったんです。それは写真部のみんながいっていた。そういう数値もとっても大切やけど、構図がなってないって。(
みんなの写真を評価するときに、数値ばっかり引用してきて薀蓄たれるので、お前のはどないやねん!っていうので皆にちょっと煙たがられてたみたい・・・)

ていう話を、これを見て思い出したんです。
c0018514_19334392.jpg

Darfur Australia Network主催のFar to hereという写真展。(めっちゃ前なので今はもうメルボルンでやってません 汗)スーダン西部のダルフール紛争から逃れてきた難民が多いオーストラリア。そんな難民の子供たちにカメラを与えて、好きなものを撮ってもらったものを展示しています。

純真無垢な視点でフィルムに収められたすばらしい写真がいっぱいあったのだけれども、一番惹かれたのはこの真ん中の写真。青空いっぱいに男の子の顔。空間の使い方が乙やわ~~~~!!!
彼らはカメラの薀蓄なんてぜったい知らないはず。絞りとかISOとかそんなん関係なく、「好きなものを撮る!」と思ってカメラを構えていたのでしょう。お昼休みによく行くギャラリーで、写真の前で一人ほっこりしました。脳みその森林浴になります。

(って私のこの↑写真の構図こそいけてない)
c0018514_1934158.jpg

僕の名前は○○です。何歳です。友達と遊ぶのが好きです。
とかそういう簡単な自己紹介が添えられてて、子供っていいなぁ、と思いました。故郷から遠く離れてしまったけどもこれからの彼らの人生が素晴らしいものでありますように。彼らがいつでも故郷に帰れる日がきますように。ラブ&ピース

メルボルンの皆さん、今日から衆議院総選挙の在外投票が始まりますね。
今日はお昼休みに領事館で投票してきます。
[PR]
by tamaptamap | 2009-08-19 09:06
通勤風景
c0018514_2033544.jpg

このドアは長い。

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-08-04 11:34 | 日常(オーストラリア)
31
c0018514_10372651.jpg

先週誕生日で31歳になりました。
当日は、メルボルンの家族(我が家の住人)にめちゃうまいバリ料理でお祝いしてもらい、翌日は皆で、まぁまぁ普通~な(笑)ギリシャ料理屋さんでお祝いしてもらいました。(これは今度アップします~)

去年30歳になった時は誕生日を迎えることにちょっと凹んでいたのですが、今年は31歳ばっちこい!ってな感じで、普通に迎えました。健康で毎日平穏に過ごせて、皆にお祝いしてもらって、毎年年を重ねていけること、とても幸せに思います。感謝感謝。

えー去年の抱負は・・・気を引き締めて生活していくこと!とか書いてましたが~・・・
実はお酒の失敗が多かったこの一年(汗)

今、さらっと思い浮かぶのだけでも、

①平日の夜一時に泥酔状態で帰宅、トイレとミーティングした後、鞄に頭を突っ込んだまま下着姿で床の上で寝る。

②間違ったトラムに乗車、家と正反対方向の終点で夜中の1時ドライバーに起こされる。その後どうやって帰ったのかまったく覚えていない。どうやって家に帰ったのか全く覚えていないのはこれ以外にも数回。
朝コンタクトをつけたまま鞄をがっしり抱えたまま、自分のベッドで目覚めるのです。

③ハワイで酔っ払って、携帯からトラさんに10分間電話して、請求書見たらその通話は$50以上。

④チャイナタウンでベロベロに酔っ払って、お酒を持ったままそれに気づかず、バーから出て家に帰ろうとして、警察に捕まって$100罰金取られる。(公道で蓋の開いたお酒を所持していた為)

・・・

物盗まれたり、乱暴されたりっていうのが一回も無いのがほんとにラッキーです。

酒飲みの友達が多いので、その子達とでかけると楽しすぎてバンバン飲んでしまうのです。
でもここまで酔っ払うのはアホです。ほんまにアホです。

今年の抱負は、お酒に飲まれないこと!合言葉はチェイサー。(レベル低っ!)



あ、ちなみに上の写真はFitzroyにあるNight Catというお店の側面です。
知り合いが携わった作品です。なかなか迫力ありますよ~。
彼はメルボルンでグラフィティのツアーとかもやってるみたいなので一回参加してみようかな。
[PR]
by tamaptamap | 2009-08-02 11:06 | 日常(オーストラリア)
Velma Valentina's Burlesque Bingo
c0018514_1952984.jpg

先日ポーラ先生がメルボルンに遊びに来たのでみんなが集まった。

More
[PR]
by tamaptamap | 2009-07-23 19:49 | 日常(オーストラリア)