<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
生パスタ屋さん Donnini's
c0018514_2203332.jpg

こないだ、平日に休みを取って、運転免許証の更新に行ってきました。
そのついでに近くにあるLygon Streetをぶらりと散歩。
この生パスタ屋さん、かわいい・・・ Donnini'sという名前です。
c0018514_2272645.jpg

いろんな種類のおいしそうな生パスタが置いてあって、よっぽど買おうかと思ったのですが、その日から数日外食が続く予定だったので結局買わず。今度またこよ。
c0018514_2285222.jpg

写真をパチリパチリ撮っていると、背後から視線を感じたので振り返ってみると中年のオジサンがニヤニヤしながらこっちを見ていたので、じっと見つめ返すと、「この家の写真を撮ってるの?もしかして日本人ですか?」と話かけてきました。
「いやー家もかわいいしパスタもおいしそうだし」というと「この家は随分前に僕が設計したんです。建築士なので。」という。面白そうなので少し立ち話してたらその人の奥さんは宮崎出身の日本人で。。。ということやらいろいろ面白い昔話を教えてくれました。

「そろそろ行く」と言うと、「ジャ、キヲツケテ」と言って帰っていきました。
そのオジサンいわく、もう少しシティ寄りに下りていくと同じ通りにこのお店と同じファミリーが経営しているレストランもあるそうです。

ちなみに免許証の写真はかなりへんてこです。3年この写真、か。
学生証明書も日本の免許もパスポートも身分証明書の写真で今までいい写真になったことがない。家に帰って皆に見せると、日本のVシネマB級ホラー映画の幽霊みたい、といわれました。そういうことらしいです。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-27 22:19 | 食べ物
Flower Drum
c0018514_2114202.jpg

意味のわからん写真でごめんなさい。

先日30歳になりましたので、誕生日が一ヶ月しか離れていないトラさんと記念にFlower Drumに晩ごはん食べに行って来ました。メルボルン一だか、オーストラリア一だか良く分かりませんが、とにかく人気で予約もなかなか取れない高級中華料理屋さんです。数週間前に予約を入れて平日の夜に行ってきました。

こんなとこで食べ物の写真なんか絶対撮るな!と念を押されていたので外観の写真だけ記念に…

食べたもの うる覚え書き。セットメニュー6コース一人$150。

★前菜
-Mud Crabの甲羅焼
-うずら肉のレタス包み(トラさんはポークスペアリブに変更)
-キスの天ぷら スパーシーソルトとレモンソースで

★メイン
-北京ダック
-Cray Fish(ザリガニ?)とヌードル 大蒜と葱と生姜ソース
-脂身ないのに口の中でとろけるステーキと炒飯

★デザート
バナナフリッター(トラさんはフルーツ盛り合わせ)
アーモンドクッキー

美味しかった…

6コースもあるのに150ドルとはお得と読んだのでコースにしましたが(だって行く前に皆から一人200ドルするとか、いやいや400ドルはするとか色々脅されてたので)かなり多いです。
私はかなりの大食いですが北京ダックのあたりでかなりきつかったです。二人とも妊婦さんのお腹みたいになりながらヒーフーヒーフーと帰りました。

次行くことがあれば、又は、これから行く予定のある人は、二人ならアラカルトを3、4品、前菜も必要なら少し、くらいで絶対充分です。

Flower Drum出身のシェフがやっている少し値段もかわいいめのレストランもメルボルンには何個かあるらしいので次はそっち行ってみよ。

Flower Drum
17 Market Lane, Melbourne VIC 3000
Phone 03-9662 3655 要予約
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-27 21:25 | 食べ物
Transmission Melbourne
c0018514_20583092.jpg

先日の記事でお伝えした我々のIndie Music Dance Night、Transmission第一回目は大成功に終わりました。
ありがとうございます! m(_ _)m
新しい土地での初めての事なので、50人くらい来てくれたら経費もちょうどカバーできるし。。。と思っていたらなんと200人弱の人が来てくれて朝の4時クローズまで大賑わいでした。
ほっ。
2回目は9月26日22時からです。もしシティにこられることがあれば是非お立ち寄りください。

この週末はメルボルンのお友達をはじめ、第一回をサポートする為にアデレード・シドニー・キャンベラからお友達が7人も来てくれて、皆でシティのアパートを借り切って滞在しパーティ三昧でした。火曜日くらいまで二日酔いでした。。。
カジノの目の前で夜の川沿いの炎のパフォーマンスを見ながらシャンパンで乾杯しました。
うまかった。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-27 21:05 | 日常(オーストラリア)
Indie Music Dance Night
c0018514_20442016.jpg


すいません、宣伝です。

Transmission Melbourne
インディー音楽ダンスナイト。
8月22日金曜日 夜10時から一晩中。
Exford Hotel 2階
Corner of Russell st and Little Bourke st
China Town, City.

DJトラさんがアデレードで始めて4年以上続けている老若男女人気のTransmissionを
月に一回メルボルンでも始めることになりました。
インディー音楽が好きな人には絶対お勧めです。
あと思いっきり踊りまくりたい人!

入場料はたったの5ドル。
損はさせません。是非一度来てみて下さい。

TRANSMISSION MELBOURNE IS GO GO !! Transmission is a monthly indie night that started in Adelaide in 2004 set up by local DJs looking to provide a once a month night of pure indie dance and the best new tunes, so the focus is on dancefloor fillers that are not too tired or predictable. We play older tunes as well as the latest stuff we can find to keep the nite fresh each and every month.

Transmission has grown rapidly in Adelaide and now also puts on other regular indie parties like Transmission LIVE!, Sputnik and Late Night Underground as well as other Transmission Presents nights.

August 22nd will be the first Transmission in Melbourne @ the Exford Hotel on Russel St. (Chinatown) where nights like "Gimme Shelter" are held. We want to make it the best and most friendly monthy Indie nite in Melbourne!!

Sounds Like:
Foals, The Clash, Bowie, MGMT, Blur, Phoenix, Kings of Leon, New Order, Cut Off Your Hands, Hot Hot Heat, Spoon, Libertines, Iggy Pop, The Rapture, Modest Mouse, Pixies, LCD Soundsystem, The Smiths, Hot Chip, These New Puritans, The Rakes, Cut Copy, Underground Lovers, The Kills, The Sleepy Jackson, The Arctic Monkeys, Futureheads, Joy Division, Rocket Science, The Teenagers, Architecture In Helsinki, Pulp, The Presets, Beck, Clap Your Hands Say Yeah, The Hives, Doves, You Am I, Klaxons, Kings Of Leon, Moving Units, Bloc Party, Tom Vek, Ian Brown, Shout Out Louuds, Kasabian, Camera Obscura, The Stones, Cajun Dance Party, MIA, The Rakes, Supersystem, Gerling, The Stranglers, Arcade Fire, Lemonheads, The Black Lips, Sons and Daughters, Plastic Bertrand, The Strokes, DEVO, QOTSA, White Rabbits, Pixies, Tegan and Sara, Dirtbombs, M83, Mystery Jets, Wolf and Cub, Primal Scream, The Whitest Boy Alive, The Strokes, Maximo Park, The Only Ones, The Cribs, Yeah Yeah Yeahs, Red Riders, Bloc Party, Imperian Teen, The Gossip, The shins, The Undertones, The Stone Roses + many more...

So get your skates on and come join the transmission party in melbourne! Everyone's Welcome at the Transmission Party.
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-20 20:48 | 日常(オーストラリア)
終戦記念日だすね
よい写真たちです。

1945年敗戦、焼け跡からの復興
米兵が撮った1945年の東京

結構遠い昔のように思えますが、たった63年前。
私の父は終戦直後の混沌の最中に生まれ、祖父母の世代はこんな時代を必死で生き抜いてきたんや、と思うと胸が苦しくなります。

私の悩みはなんてちっぽけなんやろう。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-15 10:39 | 日常(オーストラリア)
オーストラリアの地名
ラリアには、あまり耳にしたことのないような変わった地名が多いです。
先住民のアボリジニの言語から名づけられているものを結構見かけます。

例えば、
ニューサウスウェールズ州にある、Wagga Wagga (ワガワガ)とか。
これはアボリジニの言葉で「カラスが沢山いる場所」というそうです。

シドニーにある、Woolloomooloo(ウルムルー)とか。
一説によると、これはアボリジニの「沢山のブラックカンガルーがいる場所」という意味の言葉からきてると言われています。
どんなけO(オー)が多いねん。

ゴールドコーストの空港はCoolangatta Airport(クーランガタ)と言います。
これは「すんばらしい景色」という意味だそうです。
サンシャインコーストの空港はMaroochydore(マルーチドー)です。

メルボルン内の通り・エリアの名前とかもそういうのが多いです。
Yarra(ヤラ)川、Dandenong(ダンディノン)丘陵、Orrong(オロン)ロード、Kooyong(クーヨン)ロード…最近お友達はMaribyrnong(マリビノン)に引越ししました。

Nar Nar Goonとかもあります。3文字攻撃です。何て読むんや?ナーナーグーンですか?これは「コアラ」って言う意味の言葉から来てるらしいです。

何か英語圏に住んでるんじゃないみたい。
c0018514_21254296.jpg

そういえば、Google Street View見ましたか?ここまで細かくカバーされているのはラリアが世界で初めてらしいです。プライバシーのこととか色々問題になっていますが、日本の親戚の家とか懐かしい場所をチェックしたりして個人的には楽しんでいます。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-13 20:48 | 日常(オーストラリア)
北京オリンピック開幕
c0018514_2139385.jpg
オリンピックやってますね。Googleのトップページのロゴが毎日オリンピック仕様になっていてかわいい。

私、結構好きでいろいろ見ています。
世界に通用するレベルのものを見ると鳥肌がたってきます。
私の中学校の時の部活もしんどかったけど、オリンピック選手たちはそれとは比べること自体が失礼なレベルでの大変な特訓に励んでいるのだ、毎日。その成果をたった数分で発揮しないといけないのだ。感激。

こっちのテレビはどうしてもオーストラリア中心なので日本の活躍が今ひとつわかりにくいのですが、北島選手はこっちでもかなり注目されていました。早く日本のテレビが見れるようにセットアップしないと。

この時期は4年に一回の周期でやってくる、柔道習いたい病がやってくる時期であります。
感化されやすいので。オリンピックが終わってしばらくするとその熱も冷めます。

私のささやかな望みは、オリンピック選手と結婚して、夫(仮)が金メダルを取る姿を涙流しながら観客席から見ている妻になることであります。そして夫が真っ先に妻の席の下にやってきて、妻を抱きしめます。そしてメダルと一緒にもらう花束を妻に渡します。席が遠すぎる場合は妻にガッツポーズをします。その様子がテレビに映ったりします。うふふ。

もっと若い時のささやかな夢は、ミュージシャンと交際/結婚して、アルバムの歌詞カードの最後のページの「Special thanks to ...」の部分に一番最初に名前を載せてもらうことでした。

結構、妄想癖があります。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-13 12:29 | 日常(オーストラリア)
アンジェラの婚約パーティ
c0018514_2174342.jpg

以前の記事で書いた、同僚のアンジェラの婚約パーティに行ってきました。

==========アンジェラのフィアンセ・J君からの案内状==========
After 6 and a bit long years, Angela has managed to tie down the handsomest, most humerous, well-liked, charming & most definately humble guy in the land.

To celebrate with Ang on this most amazing catch, we're having a few celebratory drinks on Friday 8th August.

(たまぴの適当意訳: 
6年以上たってやっとこさ、アンジェラが世界一最高なこの僕と結婚する事を決めました。
アンジェラが掴んだこのすばらしい幸福を祝う為にパーティをしますので是非お越しください。)============================================

ラッキーなのはアンジェラの方らしい(笑)ふふふ、こういうジョーク好きです。

会場で酔っ払って撮った唯一の一枚がこの上の写真。
謎。
後は絵の前で一人変なポーズしてる私の写真。。
お酒ちょっと減らそ。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-11 20:09 | 日常(オーストラリア)
Bailer Shell
c0018514_2123458.jpg

親友の口癖「人生は挑戦だ」。

Victoria Streetの魚屋さんで見つけたこの貝。Bailer Shellというらしい。
ベイラー貝?こういう変なものを見ると買ってしまいたくなる。
結構大きい。両手でよいしょともっても重たい。2000円ほどした。一応店のおっちゃんにどうやって食べるのか聞いてみると「いや、なんでもいけるで」とのこと。

昔から海外旅行に行くと、現地のスーパーで見つけた変なものばっかりお土産に買うので
実家には変な食べ物がたまりにたまりまくって、母に「もう何も買ってこんといて。」とストップをかけられた。でも何事も挑戦です。

家に帰ってネットで調べるも何もわからない。別名Melon Shellともいうらしい。
わかったのはそれだけ。レシピも何も出てこない。
途方にくれていると友達カップルから「飲みに行こ~」と入電。
「今日中に食べてしまわないといけない貝があるからうちに御飯食べにおいで」とお誘いする。

ジャパニーズが大好きな彼らのために和の副菜を作って友達を待つ。
ワインを3本持って友人到着。貝を見て「うわーグロテスクやね。」とちょっと心配そう。
「じゃぁさっそく料理しようか。バター炒めにでもするわ。」と貝の身を引っ張ってもなかなか出ない。これじゃ料理できない。
トンカチでゴンゴン叩いても割れない。
庭にでて、岩に向かって思いっきり投げつけても割れない。
3回目でやっと割れる。中から紫と緑のスライム状の内臓と共にベロンと身がでてくる。
その瞬間ものスゴイ匂いが広がり(Freshって書いてたのに全然古いことが判明)3人ともマジでオエッとなる。ゴーストバスターズに出てくるようなスライムが絡みついた手で身を拾い上げ
えずきながら涙目で身を洗う。スライムが強力でなかなか手から落ちない。
友達は相当ショックだったのかお酒の力で乗り越えようと大量にワインを飲み始める。
やっと出てきた身は爬虫類の皮膚のように硬く、食べれそうなところがない。
仕方ないから雀の涙ほどの貝柱を薄ーく切って一人一枚ずつバター醤油炒めにして食べた。
別にこれといって特別美味しい味ではない。

保険で他に色々作っておいてよかった。副菜のみで強引におもてなしディナー終了。

いくらネットで調べてもレシピ一つでてこない理由が分かった。
食べるところがないからや!
魚屋のおっちゃん、何が「なんでもいけるで」や!

誰かこのベイラー貝の調理法ご存知の方いらっしゃったらお知らせください。
(まだちょっと怖いもの見たさレベルに興味があります)
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-10 21:29 | 食べ物
そうだ、ベトナムへ行こう。
c0018514_20285519.jpg

とある土曜日、車が使えることになったので、「そうだ、ベトナムへ行こう」という事で
シティのお隣にあるベトナム系のエリア・Victoria Streetに行ってきました。晩ごはんを食べには何回か行ったことがあるのですが、お昼にゆっくりと来るのは初めて。
うちからそんなに遠くないのですが、トラムを乗り継いでいかないといけないのでなかなか足が遠のいていました。

オーストラリアにいるのにすれ違う人はほとんどアジア人、白人がたまーにいるくらいです。アジア系のレストラン・食料品店・怪しいお店雑貨屋さんがずらりと並んでいて活気に溢れています。アジアのおばちゃんたちがみんな必死のパッチで食材の買物をしていました。海賊版のDVD屋さんも堂々と営業しています。
c0018514_20354189.jpg

お腹がすいたので、一人ランチ。ランチの時間はとっくに過ぎてるのにちょっとした行列が出来ていたこのお店でフォーを食べました。
c0018514_2036424.jpg

テーブルの上には謎なソースが4つ5つほど置いてあり、皆自分好みでスープの中に入れて食べていました。中に何が入ってるのかわからないので、ちょっとずつ味見をしていたら、同じくソロで食べに来てる相席になった赤ら顔のベトナム人のおっちゃんが、「これはチリソース、それはホイシンソース(海鮮醤)」と拙い英語で教えてくれました。
チュルチュルと箸でがんばってフォーを食べていたのですが滑ってちゃんとつかめずに困っていたら、そのおっちゃんが「これで食べなさい。」とフォークを渡してくれました。普通なら「ほらよ」とフォークを裸で渡されるのかと思っていたら、持つところをちゃんと紙ナプキンで巻いて「はい」と渡してくれたのでそのマナーのよさにちょっとキュンとしました。

怪しいお店でトイレットペーパーが安売りしていたので買って帰りました。家でよく読んでみると「Facial Tissue」と書いてました。トイレが詰まる前に気づいてよかった。
[PR]
by tamaptamap | 2008-08-10 20:10 | 日常(オーストラリア)