<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
自慢:大阪人として嬉しかった事
c0018514_12151819.jpg


それは今朝、社内一括送信メールで送信された同僚ジョディのメールから始まりました。

More
[PR]
by tamaptamap | 2007-06-15 12:20 | 日常(オーストラリア)
寒さと皮下脂肪
c0018514_8562664.jpg

古い写真で申し訳ないですが、2005年1月にいったNYの時のもの。とっても寒かった。
寒いつながりということで。

最近めっきり寒くなってきて、朝ベッドから出るのがつらい今日この頃。

気温が低いときやクーラーが強すぎると、体が冷えてお腹が痛くなりませんか?
アメリカにいた時、そういう腹痛に襲われて、友達が
「大丈夫??何か変なものでも食べたん?」と心配してくれたので
「ううん。ただ冷えただけやから、ゆっくり風呂にはいったら治ると思う。。。」と言うと
「。。。。。体が冷えるってどういうこと?」とあまり理解してもらえなかったのです。

そしてオーストラリアに来てまた、冷えによる腹痛に襲われました。
体が冷えたから。。。とまた説明すると、「体が冷えたのとお腹が痛いのと、どう関係があるん?」といわれました。

なぜじゃ。。なぜわかってくれない。
体の冷えは体調不良につながり、特に女の人は子宮周りを冷やさないように気をつけなあかんのに。。。

そこで、思った。私ら日本人は皮下脂肪が少ないから。。。あなたたち白人にはきっとわからないのね。(勝手な推測)

しかし、元の体重より8キロも太ってしまった今、多少お腹が出た格好をしても
全くお腹が痛くならなくなった。。。

日本から友達が遊びに来てくれた時も
私が「今日はあっついなー!」といってノースリーブにビーチサンダルを履いていたとき、
彼女達は「寒い・・・」といってトレーナーを着ていた。

皮下脂肪多め軍団にようこそ。
[PR]
by tamaptamap | 2007-06-08 09:07 | 日常(オーストラリア)
DVD マリー・アントワネットの字幕
c0018514_12325166.jpg

ハウスメイトのアリソンがソフィア・コッポラ監督の映画「マリー・アントワネット」のDVDを入手。
キルスティン・ダンスト主演。かわいいですよね、彼女。結構好きです。

アリソンの友達が香港だか中国だかに出張に行ったときにお土産として買ってきてくれたらしいのですが、あきらかに出所が非常に怪しい。たぶん、というか絶対海賊版だ。

さて、このDVDには日本語の字幕がついています、が、非常に日本語がおかしい。
きっと日本語ちょっとできる人が辞書を使いながら必死で訳したのでしょう。

どんな風におかしいかというと、
[PR]
by tamaptamap | 2007-06-06 12:33 | 日常(オーストラリア)
アボリジナルアート
お久しぶりです。更新がまた遅くなってしまいました。。。
5月17日におじいちゃんが天国に行ってしまったので、4月と5月の2ヶ月連続で帰国してました。

さて、今回はアボリジナルアートについて。

私はオーストラリアの先住民アボリジニのアートが大好きです。
狩猟道具とか生活用品などの手芸品のほうじゃなくて、ビジュアルアートの方。
ビジュアルアートの中でも、蛇さんとかイモムシさんが書かれてる伝統的な方よりも、
現代アートとして分類されてる方の絵画がすごい好きです。とてもはまっています。

毎日出勤時にアボリジナルアートギャラリーの前を通るのですが、
しょっちゅう足を止めて見とれてしまいます。ウン十万もするので外から見てるだけ。

すごいいいですよ。数年前パリに新しくできたMusée du quai Branlyの内装もアボリジナルアートがふんだんに使われているのが日本でも記事になっていたのを記憶してます。

見た事のない人は、勝手に画像を転用できないので、下のリンクから私の好きな現代アートの雰囲気を掴んでいただけたらと思います。

http://www.waterhole.com.au/artist/minnie-pwerle
http://www.aboriginal-desert-art.com.au/index.html
http://www.corrobex.com/

アボリジナルアート欲すぃ。。。
いつか家を買ったときに大きな絵を家に飾るのが夢。
でも普通のサイズでもウン十万もするから当分買えない。。。
という事で1年半ほど前にアクリル画を始めたので自分でこつこつ頑張ってみることにしました。

世間ではそれは「パクリ」とも言う。

いいねんいいねん。自分流にアレンジするから。(いいの?)

アボリジナルアートといっても様々なスタイルがありますが、
ほとんどが点描画であったり、点描画でなくてもかなり細かい作業が必要とされるスタイルが主流です。

私は自慢じゃないけどかなり大雑把で、ノートの線の中にも自分の字を収める事ができず
いつも線を無視して書いています。俺、自由人!みたいな感じで。
いや、ただ真剣に字が大きいのです。小さい字が書けません。
小学校のときに書道を習ったときも半紙の中に字が収まらなくて苦労しました。

今までに一点しあげました。残念ながらその処女作は人にあげてしまったのですが、
(っていうか去年トラさんと別れた時に餞別としてプレゼントした。私は何ももらってないぞ!)
仕上げるまでの過程は結構楽しめました。無心になって描けるというか。チベット仏教の砂曼荼羅の制作に参加してる気分?(ちゃうかな)ちょっと目が疲れますが。

ラリア国外でどれだけ広まってるのかわかりませんが、展示会などがあれば是非見に行って下さい!

アボリジナルアート関連リンク
http://www.landofdreams.com.au/index.asp
[PR]
by tamaptamap | 2007-06-01 10:34 | アート