<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
北京旅行記―前編
c0018514_22525239.jpg


同じ職場の同僚Kと、ヨーロッパ支店勤め里帰り中の先輩Mとの女三人北京旅。
めっちゃ楽しかったーー!(2005年3月15日~17日)

More
[PR]
by tamaptamap | 2005-03-31 22:33 | 旅行記
サラリーマン
北京からは帰ってきてるのですが。。。
予定がつまっておりましてほったらかしにしておりました、申し訳ないです。

そうそう、お題にもあるように私達は所詮サラリーマン。
先週の半ばになって初めて、異動を言い渡された直属の先輩2名。
(もっといるんですが、私に直接かかわりのある人は2名)

一人は4月1日から伊丹空港へ異動。実家が伊丹付近なので、実家にお引越し。
もう一人は東京の本部へ栄転。この先輩は昨日今日の休みで急いで東京に住処を探しにいきました。ココロの準備もなしに一週間で引越しなんて。。。

二人とも常日頃からお世話になっている大好きな先輩たち。
いきなりすぎて寂しいのかなんやらようわからん。

サラリーマンやから会社の命令はしょうがないけどさ、ちょっと急すぎるわ、毎年。
[PR]
by tamaptamap | 2005-03-29 19:40 | グランドホステス時代
お知らせ
明日から北京に行くので4日ほど留守にします。(旅行行きすぎ?)(だから貧乏なのねん)

c0018514_20114757.jpg


全く関係ないですが、去年の八月のオオサカキングの、「世界ウルルン滞在記」パビリオンでみたインドネシア製 ち○隠し。画像がないと殺風景なのでのせてみました。。。
[PR]
by tamaptamap | 2005-03-14 20:14 | 日常(日本)
思い込みでトラブル発生
私の仕事は世界共通。c0018514_2248364.jpg
言葉こそ違えど、やってる内容は同じです。飛行機は世界中からやってきて、世界中へ飛んでいきます。ゆえに、海外空港・支店ときちんと連携して仕事していかないといけないわけです。

昨日、お客さんから航空券の交換発行を依頼されました。厳密に言うと、お客さんが来たのも出発の50分前だったし、ルール的には断る事も出来ました。(国際線は出発の1時間前に手続きは締め切り)それに、変更される旅程の部分はウチとは全く関係ないものだったし。でもお客さんは台北に到着してからすぐに乗り継ぎがあるし、カスタマーサービスを考えるとこっちでやったほうが良いだろうという判断をし、引き受けてしまいました。

でもいざ計算を始めるとかなり複雑な航空券だし、時間もないしで、結局関空ではできず、でも一度引き受けてるのに中途半端にするわけにもいかず、お客さんの為にもきちんとしよう!と思ったので、「到着地の台北ですぐに発券できるように計算準備しておきますのでとりあえず飛行機に乗ってください!」と説得して何とか出発してもらいました。お客さんは「絶対やで!台北でできるように、絶対ちゃんと用意しといてや!」といって出発していきました。

で、きちんと計算して、計算式を台北にFAXして、電話して台北の係員にすべての経緯を説明し、「絶対にお客さんを捕まえて交換発行してください!絶対の絶対に見逃さないでください!」と依頼しました。極め付けに、SITA TELEXという世界共通の電報のようなものでメッセージも送信し、結果もきちんと報告してもらうように台北に依頼しました。

やりとりはすべて英語。私が電話で話した台北の係員は英語がきちんとわかる人でした。

で、台北に着いてしばらくしてからお客さんから、日本のカスタマーセンターに怒りの電話がかかってきました。結局台北には誰もいてなくて、交換発行もできなかった、新しい航空券をかわざるをえなかったので、その金額を弁償しろ。1ヶ月後に帰国した足ですぐカウンターに直接話をつけに来る、という内容でした。

私は、①FAXして、②電話して、③TELEXも送ってきちんと台北に引継ぎをしました。こっちが出来る事は全てしました。でも台北の係員はお客さんに会えず、交換発行もできなかった。

再び台北に電話して確認すると、「発券カウンターで待ってたのにお客さんが来なかったせいで交換発行できなかった。」とほざきました。

ウチは「絶対に見逃してはいけないお客さん」がいる時には、飛行機をおりてすぐのところにポスターを貼って、係員もそこに配置して呼び出し、ポスターでつかまらなければ放送をガンガンかけて絶対に見つけ出します。お客さんがよほど意識的に無視しないと、見逃さないはずはない。

私は台北の係員に「それ」を期待してました。で、お客さんを捕まえることが出来なかった台北の係員にとても腹が立ちました。

でもやっぱりこれって文化の違い?台北では「ポスターでよびだしてまで。そもそもうちがやらなくてもいい仕事やのに。」とか思うのかもしれない。こっちと同じ事を台北に期待してた私が間違ってるかもしれへん。文化も習慣も気質も違うし。でも「わかりました、引き受けます」といったんならきちんとやってくれよーーーーーと叫びたくなる。。

前にも、台北にとある用件を依頼するのに、何回も何回も連絡してるのに返答がなく、やっと「了解しました、確認して折り返し連絡します」と返事が返ってきたと思ったら、その後何日も連絡が途絶えたので、「○○の件どうなってますか?」と問い合わせると
「は?何のことですか?」
といわれたことがあった。

ちゃんと部署内で引継ぎをしろ!

そりゃ私もミスすることあります。お互い様です。でも海外とのやりとりで「は?」と思うことは多いです。文化も習慣も気質も違う国の人たちと仕事するにはほんまに細心の注意がいります。
こっちの常識は、かならずしもどこででも通用するものではない。
今回のことで改めて思い知りました。私も悪かった。
お客さんも多少せっかちな感じの方だったので、もしかしたらチラっと探していなかったから「もういない」と決め付けて去ってしまったのかもしれない。

今度からきちんと詰めるとこ詰めて引き継ぎしないと。
[PR]
by tamaptamap | 2005-03-07 23:23 | グランドホステス時代