カテゴリ:旅行記( 53 )
エジプト旅行記⑧ シタデル قلعة صلاح الدين‎
c0018514_2046093.jpg

カイロ旧市街・イスラム地区はムカッタムの丘にたたずむ、Citadel。
イスラムの英雄サラディンが十字軍からカイロを守るために立てた中世の城塞で、20世紀にイギリスに占領されるまで、何百年もエジプトの政治の中心地として機能していたそうです。現在は博物館やモスクで有名な観光スポット。

この中にある、ムハンマド・アリー・モスクが白砂漠に続き、私にとってこの旅の目玉。もしかしてピラミッドよりも楽しみにしていたかも。

エジプト旅行記シリーズ・アーカイブはこちら。
エジプト旅行記① カイロ到着 القاهرة
エジプト旅行記②Four Seasons فندق فور سيزونز القاهرة بلازا النيل
エジプト旅行記③ ピラミッド エトセトラ الجيزة سقارة‎ ممفيس
エジプト旅行記④ カイロからバハレヤ・オアシスへ الواحة البحرية
エジプト旅行記⑤ 砂漠ツアー前半 黒砂漠など الصحراء الكبرى‎
エジプト旅行記⑥ 砂漠ツアー 白砂漠 الفرافرة
エジプト旅行記⑦ ちょっとだけ夜のお出かけ تناول الطعام في الخارج


More
[PR]
by tamaptamap | 2011-02-03 11:10 | 旅行記
エジプト旅行記⑦ ちょっとだけ夜のお出かけ تناول الطعام في الخارج
c0018514_7443577.jpg

エジプトで暴動が起きていますね。私も反独裁!でも暴力は暴力を生みます・・・一刻も早く情勢が落ち着いて、エジプトに平和が訪れますように。

そのニュースを見て、自分のエジプト旅行記がまだ終わってないことに気づいたダメダメな私。
めちゃくちゃな旅行記ですがどうぞお付き合いくださいませ。あとちょっとだけ。


エジプト旅行記シリーズ・アーカイブはこちら。
エジプト旅行記① カイロ到着 القاهرة
エジプト旅行記②Four Seasons فندق فور سيزونز القاهرة بلازا النيل
エジプト旅行記③ ピラミッド エトセトラ الجيزة سقارة‎ ممفيس
エジプト旅行記④ カイロからバハレヤ・オアシスへ الواحة البحرية
エジプト旅行記⑤ 砂漠ツアー前半 黒砂漠など الصحراء الكبرى‎
エジプト旅行記⑥ 砂漠ツアー 白砂漠 الفرافرة


More
[PR]
by tamaptamap | 2011-01-31 12:23 | 旅行記
露庵菊乃井 京都 2010年10月
10月の結婚式の後に、オージー達20人を連れて京都に行きました。
午前中に清水寺に行き、八坂神社で一旦解散。みんなは適当にお昼食べに行ってもらって、
私はというと、味にうるさい義従兄姉達(食に携わる人が多いトラさんの親戚)をつれて、露庵菊乃井でちょっとリッチなランチをしました。
菊乃井よりもちょいカジュアル目のレストランですが、ミシュラン2つ星がついています。
c0018514_19472071.jpg

4000円の松花堂弁当、7000円コース、一万円コースとあって、私達の選んだのは7000円のコース。

英語のメニューを用意してくださっていました。
10月のメニュー 面倒なのでそのまま英語で~

***Amuse***
Poached baby turip, walnut Miso sauce, Yuzu

***Hassun (appetizers)***
Grilled Pacific saury Sushi, summered Ayu (sweet fish), grilled chestnut paste, marinated shrimp in Chinese rice wine, pine needle-shaped tea noodles, sake-glazaed gingko nuts, gingko leaf-shaped sweet potato.

***Sashimi***
Tai (red sea bream), Tsubasu (young amberjack), chrysanthemum petals, Wasabi and Koshibi (baby tuna), egg yolk sauce.

***Soup***
Hamo (pike conger), Matsutake-mushroom, Mitsuba-herb, Sudachi

***Baked***
Anago (sea eel) baked custard egg, Shimeji-mushroom, carrot, Yurine (lily bulb), wood ear mushroom, Yuzu.

***Rice***
Rice with Matsutake-mushroom, Japanese pickles, Chestnut soup

***Dessert***
Hojicha (roasted green tea) ice cream, soybeans flour chiffon cake


料理は全部美味しかったけど、あんまり印象に残るものがなかったかも・・・?
接客、サービスは最高でした。マツタケご飯が余ったので、おにぎりにして「道中お腹が空くでしょう」と、一人ずつお土産に持たせてくれたのでした。

全部食べた後に、どれが一番美味しかったかをみんなに聞いたら、一番こってりだったマグロの刺身卵ソースだ、というオージー達。白ご飯に醤油かけて食べる人たちやし、濃い料理が好みなのね。ちなみに私は土瓶蒸しが好きやったな~
c0018514_1759277.jpg

ランチの後、みんなマイ包丁を買うのだということで有次に。カタカナで名前を入れてもらって大満足でした。

家に帰って、両親に「有次行ってきてさ~」というと、「有次もええけど、包丁といえばあんた、堺やろ!」と教えられました。堺とはフランシスコ・ザビエルとか、鉄砲とか、与謝野晶子とかで歴史の教科書にでてくるあの大阪府堺市のことです。知らんかった。堺の包丁は有名らしい。実家の包丁は確かに全部切りやすいのですが、堺のものがほとんどで、値段も有次より少し安め。ちっ、そこに連れて行ってあげたらよかった。

有次の後、残りのみんなと合流して、次はお決まりの金閣寺へ。
ボーイズ4人がいきなり自転車をレンタルしてきて、自力で金閣寺に行く!と言い出したのでちょっと心配でしたが、迷いながらも無事到着。正門で待っていると、なぜか皆「必勝」とかいた鉢巻をして汗だくで到着した様は迫力がありました。何寄り道しとんねん。

行く先々で、学校の英語の課題なのか、修学旅行の小・中学生にしょっちゅう止められて色々質問されてたオージー達。「はろー。福井からきたカズユキです。質問していいですか?」から始まって、どこからきたのかとか、簡単な質疑応答をされて、最後にしおりに名前をかかされる。最低何人に話をしないといけないとか決まってるんでしょうね。
身をかがめて課題のお手伝いをしているオージー達がかわいかったです。
学校によっては、お礼として折り紙で作ったプレゼントをくれたりして喜んでいました。
ただし、最後の方はほんとうにしょっちゅう止められるので、皆「ソーリー」とうまく交わしてましたけど。じゃないと一日中かかってもどこにもいけない。

できれば奈良にも連れて行ってあげたかったけどなんだかんだ行ってあまり時間がなかった大阪滞在。全員、日本をとっても満喫したようでよかったです。
[PR]
by tamaptamap | 2011-01-17 18:47 | 旅行記
明けましておめでとうございます。 2011
c0018514_185468.jpg

えー、1月も半分過ぎようとしていますが、新年明けましておめでとうございます。
色々あって、今年もうだうだブログになりそうですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

えー、写真の通り、正月は大阪に帰っておりました。
とっても寒かったー大阪にも雪が降るほどに。
年末は天気も荒れ荒れで、せっかくの我が家の門松も玄関の中にしまわれながら新年を迎える始末。
山陰地方の方々は本当に大変でしたね。

クリスマスの早朝に出発し、メルボルン→ゴールドコースト→大阪、と飛ぶ予定でした。
ゴールドコーストにサイクロンが来て着陸できずV字飛行を繰り返した挙句、ブリスベンに着陸させられて、その後12時間空港に缶詰になり、夜中にケアンズに飛ばされそこで一泊し、翌朝やっと大阪に向けて出発するというとんでもないイレギュラーに見舞われました。
12時間空港に缶詰ですよ・・・たまたま同じ飛行機に乗り合わせていたAYAちゃん達がいなかったら私はあきらめてメルボルンに帰っていたことでしょう。相手してくれてありがとうね。

今それが引き続きクイーンズランド州は洪水でえらいことになっています。現地の方々お見舞い申し上げます。ちなみにここから募金ができます。

日本ではゆっくりさせてもらいました。手伝いに帰ったはずなのに(汗)
一応大掃除やこまごましたことは手伝ったけど、完全に寝正月。10月に食べれなかった好物の父特製うどんすき(父秘伝の黄金率で作った出汁。うまいのです)をたらふく食べて、くっちゃねくっちゃねコタツでみかんを食べ、ダウンタウンの笑ってはいけないスパイを見ながら年を越しました(幸)

久々に家族4人で初詣に行き、翌日はおばあちゃん家で親戚一同集まり昼過ぎから夜中までテッチリ・マツタケ祭!10日間の滞在で2キロ太って帰ってきました。
c0018514_1923711.jpg

今回は、アメリカ留学時代に知り合った、アメリカ在住のHちゃんと10年ぶりくらいに再会。
新世界の串カツ屋さんに連れて行ってもらいました。ほんとにうれしかったです。ありがとう。そしてご馳走様!
新世界のアーケードはそこだけ時間が止まったような空間でいい味だしてました。
おじさん率99%のエリアですね、あそこは。
[PR]
by tamaptamap | 2011-01-12 18:24 | 旅行記
結婚式の前に、秋祭り
c0018514_19284587.jpg

たまぴー実家のあるエリアでは10月に秋祭りが開催されます。
五穀豊穣・無病息災などを祈願して、木でできた大きな山車が何台も町を練り歩きます。

祭が盛んなエリアでは毎年この季節になると、老若男女皆お祭りモードで町中が盛り上がります。
毎年金木犀が香る頃になると、あちこちでお囃子の練習をしてるのが聞こえてきます。

祭の中心となって活動する青年団の男の子たちは、この年に一回の祭の為に生きているといっても過言ではないほど祭ラブ。学生の時にお付き合いしてた子は、当時、一番怪我をしやすい鳴り物担当だったので(だんじりに乗って笛や太鼓を演奏する子達)、祭の為にみんなで生命保険をかけたりしていたし。

男の子だけでなく女の子も祭好きな子は多く、この日が来ると髪の毛をセットして鉢巻を巻き、法被・パッチ・地下足袋姿で町を練り歩きます。女の子は高校を卒業すると法被姿も卒業して、普段着ながらも祭の日は朝から晩まで祭の後をついていきます。大人になった子達は、詰め所で皆のご飯を作ったりして違う形で祭りに貢献していきます。

メルボルンでも、春の競馬の季節になると出没する、酔っ払いの女の子たち。いかにも中学生くらいのヤンキーの女の子がはだけた法被姿で道端でつぶれているという、大変見苦しい姿を見かけたりもします (笑)  (お前もよく酔いつぶれるやろ!と言われそうですが、私は酔っ払っても道端で寝ましぇん!)

さて、このエリアで育った私ももちろん大の祭好き。渡豪してからは、数年祭りの時期に帰国できてなかったのですが、去年の10月頃、たまぴーの弟・ピロシが2010年青年団の頭を務めるという、たまぴー家にとって大変名誉なことが決定したので、私も張り切って一年前から有給を押さえていたのでした。それで、ちょうどいいから式も10月にやっちゃえ、ってことで結婚式の日取りも決定。

祭りの2日間は、早めに到着するオージー参列者10人ほどを連れて朝から晩まで町を練り歩く予定だったのですが、前にも書いたとおり父が緊急入院し家業が大変なことになってたので急遽ヘルプしないといけないことに。日曜日の昼なんか、オージー達にも手伝わせた横暴なたまぴー。おかげさまで、日中のパレードは見れませんでしたが、夜にはやっと間に合って、ヘトヘトでしたが弟ピロシの晴れ姿を拝むことができました。

祭りというのは、数ヶ月前から準備するのではなく一年前から青年団の子達は寄り合いやらなんやらでいろいろと忙しい。その子達をまとめていく頭役のピロシは仕事も忙しくて、残業してその後寄り合いにいって、と色々忙しい一年なのでした。それを労って、青年団の子達に花束をもらって胴上げをしてもらって泣きそうになっているピロシの姿を見て、つられて泣きそうになったたまぴーでした。父が見に来れなかったのが本当に残念。

ガイジン10何人も連れて詰め所にいったらえらいことになるかな、とちょっと心配でしたが、関係者の皆は「あ!ピロシ君のお姉ちゃんや!ひさしぶり~~~(私も高校まで法被着て参加してたクチ)うわーーガイジンいっぱいやなぁ~~~~」とびっくりしながらも「はろ~」と暖かく迎えてくれて、ガイジン達も「もっと飲め飲め」とただ酒ただ飯を振舞ってもらい、法被を着せてもらって写真を取ったりと、めちゃくちゃ受け入れてくれて大変楽しんでいました。キャンベラ・タイムズで新聞記者をしている友達が、この祭りのことを記事にする!と言っていたので、もしかして掲載されるかも?!

この祭りは、やんちゃで何か悪さすると青年団に入れてくれない場合もあるので、死ぬほど好きな祭りの為にヤンキーたちも更正したりするほど。こういう地域のイベントって本当にいいですよね。
[PR]
by tamaptamap | 2010-12-20 06:55 | 旅行記
エジプト旅行記⑥ 砂漠ツアー 白砂漠 الفرافرة sanpo
c0018514_216395.jpg

いよいよ白砂漠突入。

時間が経つにつれて、服装とかどうでもよくなってきます。体中、服中、砂まみれ。めっちゃ汗臭いし。自分の体臭に鼻がツーーーンとします。乙女なのに。いややわん。

しかし背景が果てしなく続くさま、遠近法でよくわかるでしょうか?

(※トイレの写真、やっぱり消しましたー)

エジプト旅行記シリーズ・アーカイブはこちら。
エジプト旅行記① カイロ到着 القاهرة
エジプト旅行記②Four Seasons فندق فور سيزونز القاهرة بلازا النيل
エジプト旅行記③ ピラミッド エトセトラ الجيزة سقارة‎ ممفيس
エジプト旅行記④ カイロからバハレヤ・オアシスへ الواحة البحرية
エジプト旅行記⑤ 砂漠ツアー前半 黒砂漠など الصحراء الكبرى‎


More
[PR]
by tamaptamap | 2010-09-15 17:00 | 旅行記
7月大阪里帰り
c0018514_0268.jpg

すっかり忘れてた、2ヶ月前の里帰り。
今写真を整理してて思い出した。
いつも実家に帰ると好物の海の幸をたんまり用意して待っていてくれる。
ほんとうにありがたい。
右上は薬味たんまりで見えないけど好物の鰹のたたき。
左下のはいかつい顔の鱧のあら。

10月の結婚式の準備メインでの帰国だったのだけど、何年も会ってなかった友達といっぱい会って、またまた楽しい里帰りでした。

大学の仲間・先輩と久しぶりに朝まで飲んで次の日の日曜日は選挙もいけないほどの二日酔いにみまわれましたが久しぶりに学生のノリで騒いで楽しかった。しかし体力はもう学生ではないことを痛感。昔は家には寝に帰るだけでいつも走り回ってたのに今はもうそんなことできましぇん。
c0018514_022348.jpg

大学のゼミ仲間のI君&奥さんとも何年かぶりにキャッチアップ。
天下茶屋の商店街の食堂でランチ。地元の人に愛されて何十年って感じのいい感じに古ぼけてる中華料理屋さんで美味しいご飯をいただきました。
その後にI夫妻が連れて行ってくれたこの喫茶店、コーヒールンバ。
路面電車の駅にひっそりと営業してる昔ながらの喫茶店。
c0018514_023328.jpg

お洒落なカフェもいいけど、こういう昔ながらの日本の喫茶店っていいですよね。
名前も乙。
ウインナコーヒー、めちゃ美味しかった!
c0018514_024439.jpg

親友のアンヌイさんの息子にも初対面。
新生児なのにしっかりした男前の顔つきで頼もしい子です。
近しい友達に子供が生まれると本当に痛感する、私達すっかり大人になってしまったのねー
(気分はまだ学生のピーターパン・たまぴー)

あっとゆうまに1ヵ月後はまた大阪です。さぁラストスパートで貯金貯金。
[PR]
by tamaptamap | 2010-09-05 00:12 | 旅行記
エジプト旅行記⑤ 砂漠ツアー前半 黒砂漠など الصحراء الكبرى‎
c0018514_20252359.jpg

オアシスを出発して1泊2日の砂漠ツアーへ。

サハラ砂漠の「サハラ」とは「砂漠」の意味なので、「サハラ砂漠」と言うと「砂漠砂漠」ということになるらしい。「Yodogawa River=淀川」と同じ慣用的なもんですね。


エジプト旅行記シリーズ・アーカイブはこちら。
エジプト旅行記① カイロ到着 القاهرة
エジプト旅行記②Four Seasons فندق فور سيزونز القاهرة بلازا النيل
エジプト旅行記③ ピラミッド エトセトラ الجيزة سقارة‎ ممفيس
エジプト旅行記④ カイロからバハレヤ・オアシスへ الواحة البحرية


الصحراء الكبرى‎ サハラへ
[PR]
by tamaptamap | 2010-08-26 14:29 | 旅行記
エジプト旅行記④ カイロからバハレヤ・オアシスへ الواحة البحرية
c0018514_21524736.jpg

まだ終わってなかったんかっ!エジプト旅行記シリーズ続き・・・
8泊の旅でしたので、まだもうちょい続くんですわ。

カイロで2泊した後、4泊目の砂漠ツアーに参加するために、基点となるBahariya Oasisに向けて出発。

Bahariyaは「バハヤ」と「レ」の時にチンピラの様に舌を巻いて発音します。

エジプト旅行記シリーズ・アーカイブはこちら。
エジプト旅行記① カイロ到着 القاهرة
エジプト旅行記②Four Seasons فندق فور سيزونز القاهرة بلازا النيل
エジプト旅行記③ ピラミッド エトセトラ الجيزة سقارة‎ ممفيس


الواحة البحرية
[PR]
by tamaptamap | 2010-08-16 17:00 | 旅行記
エジプト旅行記③ ピラミッド エトセトラ الجيزة سقارة‎ ممفيس
c0018514_10262647.jpg

(エジプトのおっちゃん達。エジプト人はフレンドリーな人が多い様に思う。)

エジプト到着2日目は早起きして、ピラミッドツアーに行ってきました。


エジプト旅行記シリーズ・アーカイブはこちら。
エジプト旅行記① カイロ到着 القاهرة
エジプト旅行記②Four Seasons فندق فور سيزونز القاهرة بلازا النيل



More
[PR]
by tamaptamap | 2010-08-02 11:22 | 旅行記