カテゴリ:グランドホステス時代( 33 )
超過手荷物料金
おもいっきり愚痴です。すいません。

皆さんご存知の通り、一人当たり持っていける荷物の重量が決まっています。

無料で受託できる荷物は日本発だと(エコノミークラス)
①北中南米大陸行き → 一人32kgの荷物が二つ (Piece制)
②その他アジアヨーロッパ行き → 一人20kgまで (Weight制)

(航空会社によって微妙に違うので注意。超frequent flyerの人は優遇制度有り)

ちなみにウチの航空会社は②のケースにおいて、ひとりあたり10kgまでサービスします。
だから全部で預けられる荷物の重さは30kgまで。
サービスはなし、若しくは5kgまで、とかいう航空会社も多い中、ウチはまだ良い方!

しかーし、日々多発するトラブルの原因のほとんどが、超過料金に関すること。

More
[PR]
by tamaptamap | 2005-02-21 00:02 | グランドホステス時代
サテン地ボストン
ものっすごいどうでもいいことなんですが。

航空業界こんなサテン地っぽいテロテロキルトみたいなカバンを持ってる人が多い。
特にスッチーさん。
絶対リボンがついてるんです。私の統計から見ると、黒・紺が多い。
制服か?っていうくらい結構な数の人がもってます。

今流行りのデザインには見えないんですが。
c0018514_23214759.jpg

勝手に写真とっちゃった。先輩ごめんなさいね。
[PR]
by tamaptamap | 2005-02-20 23:29 | グランドホステス時代
不慣れなお客サマ
私達には「空港」「飛行機」がすっかり日常になってしまっていて、
自分が旅行に行く時さえも、仕事に行くような感覚になってしまいます。

でも大多数の人にとって、「空港」はやはり「非日常」であって。

仕事で海外に行くエコノミークラスのおじさまは、自分が仕事で行くので
自分のチケットがビジネスクラスだと思っていたり。

「10時までに10番ゲートにお越しください。」とチェックインカウンターで案内し、
10時になってもゲートにこないので、アナウンスかけまくって「まもなく出発しますーー!」とみんなで必死こいて探してたら、実は10時に10番カウンターの前で待っていたり。

座席番号19Aの人が、19番ゲートで待っていたり。

パスポートをスーツケースの中にしまいこんでしまったり。

そういえば最近、自分のではなく奥さんのパスポートをもって日本に到着したドイツ人男性がいました。こっちの入国審査ではなにやらややこしい手続きをして、最終的には日本に無事入国していきましたが。っていうかドイツは何もなしに出国したんかいな。

はー、話が変わりましたが、空港に慣れてなくて不安な方は、何でも私達に聞いてくださいね。私たちは実際よくゲート付近まで不慣れなお客さんをつれていってあげたりします。

「赤ちゃんと荷物抱えて大変だから手伝って欲しいーー」とか
「ちょっと足が痛いから、ゲートまで荷物持つの手伝って欲しいーーもしくは車椅子貸して欲しいーー」などなど、気軽にお申し付けくださいまし。

でも、「超過手荷物料金まけて」とかはダメです!>特に運び屋さんたち!
[PR]
by tamaptamap | 2005-02-07 01:31 | グランドホステス時代
人種の見分け
この仕事を初めて、毎日様々な国の人たちとたくさん接する機会が多く、
最近なんとなく、ぱっと見て「この人がどこから来たのか」がわかるようになってきました。
特に、アジア人。

More
[PR]
by tamaptamap | 2005-02-06 17:33 | グランドホステス時代
グラホがパスポートをジロジロ見る理由
チェックインカウンターでグラホは、お客さんのパスポートをしっかりみなければなりません。ここでしっかりしておかないと、出国審査、または渡航先の入国審査で引っかかった時に、グラホの責任になります。

More
[PR]
by tamaptamap | 2004-12-23 20:22 | グランドホステス時代
女の世界 (長いです)
グラホの世界はいわずとも知れた「女の世界」です。
「女の世界」いうと、私には、ねっちこ~い、恐ろしいイメージしかありませんでした。

More
[PR]
by tamaptamap | 2004-12-23 20:21 | グランドホステス時代
各路線特色(到着編)
最近到着便を担当していて、それぞれの路線にほんまに色々な特色があるなぁと思った。特に匂い。

長時間たくさんの人が外の空気に触れずにつめこまれてるから、出発地の国の匂いが凝縮されるのか。

More
[PR]
by tamaptamap | 2004-12-23 20:18 | グランドホステス時代
変な忘れ物
ウチの空港での到着してからの流れは、

飛行機をおりて

シャトルにのってメインターミナルに戻る

検疫(Human Quarantine)を通って

入国審査

税関構内にあるターンテーブルにて自分の荷物をとる

という感じ

そこで、出発地空港で預けた自分の荷物が、ドンブラコッコと流れてくるわけですが..........そこに鍋が流れてきます。時々。中国線で。しかも裸で。箱にも何にもはいっていず。普通のスーツケースと一緒にそ知らぬ顔して流れてくるわけです。鍋のくせに。

More
[PR]
by tamaptamap | 2004-12-23 20:16 | グランドホステス時代
エルモ
うちのオフィスには、いつ誰が持ってきたのやらわからないが、エルモがいる。
ずっと、ファイル棚に放置されていたのだが、ある日先輩が、向かいの棟の同じ階のオフィスの窓際にもエルモが飾られてあるのを発見。そのエルモはオフィスの内側を向くように、すなわちうちから見れば背中を向けて飾られていた。

ので、うちのエルモをアピールすべく、こちらも窓際に飾ってみた。
向こう側に顔を向けて。


向こう側にいるのわかりますか?





それから幾日かがたって、みんなもエルモの事なんてすっかり忘れていた頃、

More
[PR]
by tamaptamap | 2004-12-23 20:13 | グランドホステス時代
泣きそうになった話
空港には毎日色んなドラマがある。笑顔で「ありがとうございました~いってらっしゃいませ~」と言えない状況にもたくさん遭遇する。

More
[PR]
by tamaptamap | 2004-12-23 20:07 | グランドホステス時代