Taste of Melbourne 2008
c0018514_2034164.jpg

随分前ですがRoyal Exhibition Centreで行われた、Taste of Melbourne2008というイベントに行ってきました。一人で!ちなみにこの建物は世界遺産らしい。なかなか立派でございます。
c0018514_20355125.jpg

メルボルンにある有名レストランのものが手ごろなお値段で楽しめるというイベントです。
レストランごとにブースを出していて、一皿10ドルくらいで各店3品ほど販売しておりました。
レストランだけでなく、その他食べ物関係のお店もいっぱいありました。
この日の私の予算は食べ物に20ドル(ケチ)、その他お土産(自分への)にちょっとだけ。。。と思っていたら、美味しいオリーブやらDukkahやら色々かって、入場料25ドルを含めて合計80ドル散財。。。

行ったことのないレストランの食べ物をいただこかーということで、Jacques ReymondのSlow cooked Tasmania petuna ocean trout with wasabi dressingを頂きました。美味しかったです。あともう一つはVergeというレストランのSlow cooked pork belly 'nan ban zuke' shiitake and seaweedというのを食べましたが、これは「ふーん。。。」という感想でした。
日本食でないお店も日本の食材を使っているところが多かったので、日本人としてちょっと鼻高々でした。(私が自慢する事ではないけど)

食べ物&飲み物の販売だけでなく、有名シェフのライブクッキングもやってました。
30分前から一番前に席を取って、Longrain(モダン・タイ料理)のシェフMartin Boetz氏のクッキングショーを見てきました。旬の青マンゴーを使ったお魚のサラダでした。面白かった。色々勉強になりました。今度青マンゴー買いに行こう。

ちなみにこのレストランに晩ごはんを食べに行った事があるのですが美味しかったです。
SATCにでてきそうなヒップな雰囲気だしお勧めです。
そこでお食事をしてからまもなくDeliciousと言う雑誌を買ったら、そこで私が食べた料理のレシピがほとんど載っていました。何て太っ腹なのでしょう。それともネタばらしても大丈夫なくらい流行ってるからなんでしょうか。

おみゃげ
c0018514_20414743.jpg

ちょっと変わった塩を買いました。黒い塩です。調理に使うのではなくて、最後の飾り付けに使うとよいらしい。まだもったいないから開けてません。カルパッチョとかつくって上にパラパラ振り掛けるといいのかも。
[PR]
by tamaptamap | 2008-09-01 20:43 | 食べ物
<< Zwarte Beertjes... 母と交換日記はじめました >>