辛すぎるソーセージの処理
c0018514_21375853.jpg

週末の叩き売りの時間にマーケットに行くと、どでかいソーセージが10本程500円くらいで売られています。ぶっとくて長さが15センチはあります。今回買ったのがこれまためちゃくちゃ辛い。確かにオレンジ色してましたけども。唐辛子が利きすぎて焼いてる途中にフライパンを覗き込むと喉がやられてゲホゲホ咳がでてくる。数本食べて終了。
でももったいないしな、どうしようかな、と思って考えた結果、ごく少量だけ使ってラタトゥイユ風にすると結構美味しかった。ソーセージの塩気と野菜の味で十分です。これからこういう感じでチマチマ使っていこう。まだ4本ほど残ってるし。
辛すぎたときのために、口の中中和作戦として、クリーミーなポテトグラタンを添える。
我が家のオージー(血統=ラリア・ギリシャ・イタリアの3名)にもなかなか好評でよかった。
最近めっきり寒くなってきたので、ホクホク・ハフハフと美味しかった。
我が家に暖炉があればな。
[PR]
by tamaptamap | 2008-06-17 21:46 | 食べ物
<< 蒸し鶏のパリパリ焼きを作ってみる 2008年5月里帰り >>