The International Year of the Potato 2008

c0018514_22202689.jpg
今日のお昼休憩のお散歩で見つけたジャガイモのオブジェ。
シティのFederation Squareの周りに数個突如現れました。

なんじゃそりゃ、と思ってオブジェの横の説明書きを見ると、どうやらThe International Year of the Potato 2008という国連活動の一環のシンボルとして設置されてるようです。

説明書きには、こうあります。
Celebration of the International Year of the Potato (IYP) will raise awareness of the importance of the potato - and of agriculture in general - in addressing issues of global concern, including hunger, poverty and threats to the environment.
(たまぴーの超適当意訳: この「じゃがいも国際年」は、世界的な飢餓、貧困、環境問題を提起し、じゃがいもと農業の重要性に対する意識を高めることを目的としています。)

ウェブサイトは残念ながら日本語での説明はありませんが、Why Potato?(なんでじゃがいもなの?)というコーナーがあって、かいつまんで言うと、じゃがいもは上述の問題解決につながる栄養価の高いポテンシャルのある未来の食べ物だということで、じゃがいもをシンボルとしてキャンペーンをしているということらしいです。

おもしろい。勉強になりました。

6月2日までじゃがいもを置いてるそうです。

ということで、今年は「じゃがいも国際年」です!

ぅぅん。今日は激務の仕事から解放された花金でちょっと飲みすぎました。
おやすみなさい。
[PR]
by tamaptamap | 2008-05-02 21:39 | 日常(オーストラリア)
<< くいだおれ 食後の散歩 >>