Heide Museum of Modern ArtとGreat Ocean Road
今月初めに、スペインからお友達のエベが我が家に2週間遊びに来てくれました!

2月3月はあまり有給が取れなかったので、ほぼ放置プレイで申し訳なかったですが、去年結婚式にもきてくれてその時に仲良くなったオージーゲストたちにもいっぱい遊んでもらい、バルセロナにはないのんびりしたオーストラリアの雰囲気に癒されて大満足で帰っていきました。

エベと一緒にうちからそんなに遠くないところにあるHeide Museumというところにいってきました。
c0018514_19145474.jpg

緑豊かな素敵なスカルプチャーパークがあってそこは入場無料、ピクニックに最適。

$12払うとミュージアムにも入れます。こじんまりしてるけどオーストラリアのアーティスト中心の作品がたくさん展示してありとっても見ごたえがありました。平日にいったので人もいなくてとてもゆっくり回れたし。
c0018514_19151857.jpg

公園の中にはカフェもあります。Café Vue at Heide敷地内の畑にいっぱい野菜が植わってるのでたぶんそこの食材を使ってるのかな。
エベが食べたラムのパイ(たしか$12くらい)と、私が食べたランチボックス(たったの$15)
→自家製チップとババガヌーシュ、ミニバーガーとシーザーサラダにチョコレートムース。
あの有名なVue de Mondeと同じ系列です。でも値段もそんなに高くなくってとてもおいしかったです!ここも絶対またいく!平日なのにとっても込み合っていました。
c0018514_19234980.jpg

公園内にたくさん生えていた木。Osage Orangeという種類なのだそうです。脳みそみたいな実でしょう。

アートと自然とおいしいご飯が楽しめる素敵な公園で、子供が生まれたら絶対通いたいところ。結局ここに4時間以上いました。

c0018514_19391831.jpg

Great Ocean Roadにもいってきました。6人で3ベッドルームのアパートを借りて一泊しがてらのんびりのんびり。メンバーのうち一人が昔ツアーガイドをしていたので熱帯雨林やらコアラがいっぱいいる山道につれていってもらいました。
c0018514_20281316.jpg

c0018514_19412979.jpg

何年か前に来た時には立ち寄ってないGibsons Stepsという場所。浜辺まで降りて奇岩を眺めることができます。めちゃくちゃお勧め。水も砂浜もめちゃくちゃきれくて奇岩がなくても立ち寄りたいくらい。メインスポットよりも迫力があって圧巻です。

エベが来てくれて、私もまたフレッシュな視点でオーストラリアを見れて楽しかった。

エベはお母さんが関西人なので日本語がペラペラ。日本語というか大阪弁がすごくて、「おもろいな~」のことを「けっさくやな~」と言う。今時私らでも言わない・・・私も2週間久々に大阪弁にどっぷりな毎日を過ごせました。

あとやはり海外からゲストがくると、私たちにとっては慣れてしまって普段見落としがちな何でもないことを改めて考えたりするいい機会でもありますね。

スペインでは「チャイニーズ」と苛められ、日本では「ガイジン」として見られる、アイデンティについて悩みながら育ってきたエベは、オーストラリアでは道を歩いてても誰にもジロジロ見られないことが本当に開放的で嬉しいことだったのだそうです。スペインはやっぱり彼女にとって1番の場所で、日本も第2の故郷として大好きやけど、「メルボルンに住みたいわ~!」と真剣にどうやったらこの国に住めるかの手段を考えていました。そんなに気に入ってくれてよかったよー

次は私がスペインに行く番!来年あたりいけたらいいなぁ。
[PR]
by tamaptamap | 2011-03-31 19:28 | 日常(オーストラリア)
<< ボケかまし街道まっしぐら 被災地に医療支援された方の手記 >>