赤ちゃんの性別 ・ 妊娠中期
先々週、20週のエコーにいってきて赤ちゃんの性別を聞いてきました。
素人の目に見てもわかるほど、お股をパカーっと開いた映像を見せてくれて、お股の間に何も見えないので「女の子でしょう、たぶん」とのことでした。
女の子は最低一人は欲しかったので嬉しかったです。
中山寺のさらしのジンクストラさんの勘は当たっていた!そして「私の勘があたらない説」も見事に証明されました。なんでいつも当たらんのやろ?

赤ちゃんの性別について、タイプがわかれますよね。

①知りたいし、みんなにも公表。
②生まれてからのお楽しみがいいので知りたくない。


私たちは①でした。名前もじっくり考えたいし、服もどんなんがいいかなぁって想像するの楽しいし。②派の人は、名前はどちらも用意できるし、服も生まれてから買えるし、ってことで気持ちはわかる。

でも、あれだけ性別が判明するのが待ちきれなかったのに、いざ性別を聞くと微妙な心持でした。
うまく説明できないけど、前までは「男の子である可能性」「女の子である可能性」の2つがあることによって、私の頭の中では赤ちゃんが2人存在してたんです。それで性別を聞いたことによって男の子の可能性がどこかへいってしまって今は1人しかいない感じ?片方がいなくてちょっと寂しい感じっていうのでしょうか。
だから②でもよかったかなぁと。もちろん男の子でも女の子とでもどちらでも嬉しいんですけどね。

しかし、エコーでは100%わからない。だから結局②と一緒ですね。名前も一応どっちも考えておくつもりだし、あまりピンクピンクしたものはまだ買わないでおこう。

羊水検査をしなければならない人は、その時に聞くと性別だけでなくいろんな先天的な病気など100%わかるらしいですが、私のようにオーストラリアでリスクの低い妊婦となると、これが最後のエコーになるので、このまま順調に行けば生まれるまでお目にかかれない。(実費でエコーはできるみたいですが)


ちなみに、こういう人も結構います。

③私たちは知ってるけど、周りの人は生まれてからのお楽しみ~

これって。。。なんで?

あまり近しくない人にこのケースが結構いたんです。パーティーや職場のキッチンなど二人きりのシチュエーションで、会話が途切れると気まずいから「性別はもうわかってるの?」って聞くと「私たちは知ってるけど周りの人には内緒なの♥」って。 あ、そうですか。。。

私たちは知りたい。でも、おじいちゃんおばあちゃんはどうしても知りたくないから、それなら周りには誰にも言わないでおこう、てことなんですかね? ・・・ 謎。まぁ人それぞれってことですね。


最近はおなかを触っても外から感じれるほど胎動が強くなってきました。ポコポコポコポコしてます。初めてのことなのでよくわかりませんが、結構よく動く子ですわ~

妊娠生活も半分が過ぎました。妊娠中期。特筆することのないくらい普通な毎日。
体調も抜群で何もなく本当に順調にきています。感謝。

あ、でも一つだけ。
よくある症状らしいけどちょっとぼんやりしています。トラさんにも言われます。
昨日の晩御飯も「なんかボケた味やなぁ」と思ったら、大好きな大蒜入れ忘れてたり、仕事でもしょうもないミスしたり・・・車の運転気をつけよ・・・

あっというまに後4ヶ月で出産。このまま無事に生まれますように。
[PR]
by tamaptamap | 2011-03-23 11:20 | たまぴーの妊娠・出産
<< 被災地に医療支援された方の手記 不謹慎・自粛ムード >>