トラさん&たまぴー 大阪の結婚式@太閤園
c0018514_21115727.jpg

お陰様で、10月13日に太閤園にて無事挙式をすませることができました。
遅くなりましたがその様子を少しご紹介します。

写真はアンヌイ&Mattagyさん夫妻が専属のカメラマンとして撮ってくれたものを少し編集しています。

太閤園淀川邸正面玄関。チャペルや洋風の会場もありますが、私たちは純和風を選びました。
オーストラリアから20人参列してくれ、彼らにも喜ばれたし、日本人にとっても大正ロマン溢れる素敵な建築なので、普通の挙式会場と一味違って楽しめるところです。親戚がほとんど着物を着てくれたので風景とよくあっていました。




c0018514_21122022.jpg

待合室にて。
8時半に美容室に入り2時間くらいかけて着付けしてもらう。
憧れの文金高島田。カツラは思ったより軽かったけど着物が重くるしかった。
でも着物を着るとやはり気が引き締まりますね。汗腺は開きまくりでしたけどね(汗かきたまぴー)
みんな続々と到着して、年取った伯父なんかは「たまちゃーんおめでとう(涙)!」と、すでに涙流しながら到着してました。みんなに祝福されてほんまに幸せやなぁと実感する瞬間。
c0018514_21124875.jpg

神前式の後。
トラさんは朝ごはんが食べれないほどめちゃくちゃ緊張し、案の定、誓詞の読み上げに詰っておりました(笑) 私もカツラと着物が暑くて暑くて、まるでコントのように汗が噴出しておりました。
もうあかん、というところで弟にハンカチをパスしてもらい、汗を拭うと、「ブーーーン」とエアコンがついた音がしました。いやー暑かった。緊張もしてたし。
c0018514_21133833.jpg

その後、披露宴会場「羽衣の間」に移動。 
新郎新婦のプロフィール紹介の後、友人2人ずつ参加してもらい合計6人で鏡開き。
ケーキカットはオーストラリアでもできるので、せっかくなので日本らしい鏡開きにしました。
c0018514_2114364.jpg

よく新郎新婦は食べる暇がないと聞きますが、淀川邸は一応料亭なので、「絶対めっちゃ食べたる!」と意気込む私。
c0018514_21141813.jpg

私たちのコースはこんな感じでした。(コース名:真珠)
================================
御祝儀前菜
  春子鯛翁寿司 身巻サーモン 胡瓜 大徳寺麩 玉子松風 川海老芝煮 
  鰻八幡巻 末広子持若芽 松笠慈姑 季節の青味 南天一枝
御吸物
  海老真丈 蓬麩 椎茸 鶴人参 亀甲大根 季節の青味 柚子
御造り  本鮪 鯛 汐
帆立と蟹ガレット 菜園風 ヴァンブランソース
淀川低自慢の八丁味噌を使ったビーフシチュー
アシェット ジャポネーズ 雅
コーヒー 
お赤飯

================================
オージーが20人以上いたので、もちろん食の好みもバラバラでした。
ベジタリアン、魚介類が一切ダメ、生の魚介類だけ嫌い などなど。
すべてきちんと対応してくださって、全員から「とっても美味しい!」と好評でした。
c0018514_21143582.jpg

隙を狙って前菜をパクパクっと頑張ってほおばったのですが、すぐにトラ父から乾杯の音頭。
ワタシノ ナマエハ マイケル デス
と少し日本語で頑張ってくれました。しかし、緊張しすぎて、最後の「乾杯!」がめちゃ小さい声に。

その後すぐにトラ母のスピーチと、トラ親友のスピーチがあって、そこからあんまり食べれなくなりました。(自分がどれだけ食べれるかが中心の回想録です(苦笑)

その後は自由歓談の時間で、みんなが私たちのところに来てくれて写真を撮ったり。

本当はみんなのテーブルを回ってゆっくり話をしたかったのですが、まったくそんな時間なし。
さ、次はお刺身・・・、とお箸を持つと、介添えさんが肩に手をポンっと置いて「お色直しの時間ですよ」とお知らせ。「え?!もうですか?!」とびっくりして思わず声が上ずりました。
c0018514_21145610.jpg

会場についてから、突然思いついた「父と退場」の案。司会の方に急遽頼んだのですが、スムースに進行していただきました。教会式ではないので、バージンロードを歩く気分でいい思い出になりました。
c0018514_21151251.jpg

それを真似して、アドリブでトラさんも母と退場。
c0018514_21153624.jpg

超高速でお色直しをしてもらい入場。この注目されながら中央を歩いていくのがめちゃくちゃ恥ずかしかったです。恥ずかしかったので歩くのが早かったらしいです。
私のドレスは、阪神百貨店のセールで4200円で購入した古着のドレスです(えっへん)
ベールも一緒に買って一万円でおつりが帰ってきました。
いや、本当は9800円だったのですが、後ろの飾りが取れてなくなってる跡があったので店員さんにいってみると、いきなり4200円に負けてくれたのでした。阪神百貨店ありがとう!
超お買い得なのが嬉しくて嬉しくて。
安い買い物をして値段を自慢をするのは関西だけだと聞きましたが本当でしょうか。
値段は別としても、今まで他のお店で見たどのドレスよりもシンプルでデザインも気に入ったので良かったです。パニエもドレスについて一つに纏まってて、軽くて着やすかったし。

ちなみに、この部屋にある欄間、一枚1千万円くらいするらしいです。すっげー
c0018514_19153985.jpg

友達からの電報を読み上げてもらい、アンヌイ&さっちゃんの素敵なスライド(英訳付)スピーチ。私の昔の恥ずかしい写真盛りだくさんでとても面白かったです。ありがとう。
c0018514_1941787.jpg

その後は、ファーストダンス。これは後から考えるとなくても良かったと思います。この時間をみんなとの歓談に当てられたなぁ、と。まぁでも、父と母に無理やり参加してもらって、普段こうやって手を取り合ってダンスするなんて機会がない二人にはいい思い出になって良かったかも。
c0018514_21161123.jpg

あっという間に、新婦母へのお手紙&両親に記念品贈呈の時間。介添えさんがまた肩にポンっと手を置いた瞬間、「すいません、ちょっとだけ!」といってシチューを2口ぱくっと口に放り込みました(笑)
私のスピーチは緊張してうだうだでしたが、普段改めて口にしない感謝の気持ちを伝えることができてよかったです。

実は、式の一週間前、私たちが日本に到着したその日に父が緊急入院し、前日まで父は式に参列しない予定だったんです。前日になって「あれ、結構元気でてきたかも」ということで、絶食でしたが最後まで参列できたんですけどね。(今は元気になって退院しました!)

本当は髪の毛を少しきれいにそろえて、真っ黒な根元も染め直して、友達にネイルをしてもらって、と式の一週間前はいろいろ予定してたのですが、父のことが本当に心配で精神的余裕がなく一切できず。頭もボサボサで爪も自分で適当にぬり、しかも、母への手紙は書く余裕もなく。

なので当日は手紙なしで、マイクを持って、その時に思ったことを、たどたどしく伝えました。(態度でかいくせに人前では緊張する小心者です)

結婚式でこうやってみんなが集まってくれて、家族・親戚・友達、ここにいる皆さん一人一人のおかげでここまでやってこれました。本当にありがとうございます。天国にいるおじいちゃんおばあちゃん、ご先祖様、その他親戚、今までお世話になった人、みんなの繋がりとサポートがあって私はここにたってマイクをもってるんやなぁ、と。

その後すぐにデザートに手をつける機会もなく(笑)閉宴の時間。 日本の披露宴2時間半って、新郎新婦にとっては本当に短いですね。あっという間もなく終わったという感じです。
c0018514_21163028.jpg

淀川邸内の他のお部屋で記念撮影。
「なんちゃらの一族」みたいなドラマにでてきそうなおしゃれな洋室。
c0018514_2116516.jpg

敷地内には立派な庭園もあるのでそこでも記念撮影。
ここで式を挙げなくても庭園内は見学自由だそうです。
c0018514_211765.jpg

一緒にウロウロしてた人たちと集合写真。
何が何かよくわからんまま嵐のように終わった結婚式でしたが、やってよかった。
良い記念になりました。
この式は親族中心+友達5名だけだったので、この週末に友人を呼んでの二次会をしました。
それについてはまた。

一日中とってもいい天気で本当に良い一日でした。
皆さん本当にありがとうございました。
[PR]
by tamaptamap | 2010-11-18 18:17 | たまぴーの結婚
<< 結婚式関連小物 無事帰ってきました! >>