メルボルンのパブ The Union Club Hotel @ Fitzroy
c0018514_2122110.jpg

お酒が生活に密着しているオーストラリア。仕事の昼休みで外食する時にも、「一杯だけ~」とお酒飲む人多いし、例えば週末にお昼から友達と買い物なり美術館なり言った後に、一杯飲もか~とパブに流れることが多いです。(もちろんカフェも行くけどね)

そんなオージー達にとって「パブ」とは無くてはならないものの一つです。色んなパブが星の数ほどあります。とりあえず飲もか~みたいな感じで、老いも若きもパブに集まります。近所のアル中のおっちゃんが飲んでると思えば、すぐ隣にはおしゃれな若者が飲んでいたりと、社交の場としてみんなに愛されています。お酒だけではなくきちんとした食事も出されるところが多いので、ご飯の美味しいパブは、レストランとしても人気です。晩御飯を食べにレストランではなくパブに行く人も多いです。近所にあるパブは「Local」と呼びます。What's your ”local” like?(あんたのローカルパブはどんな感じ?)っちゅう感じ。

西洋人入植の頃、夜遅くまでお酒を販売してはいけないという法律があったのですが、宿泊施設があるところでは宿泊者に対しては、遅くにでも食事と共にお酒を販売することは認められていたので、パブの建物の中に宿泊施設を設けてHotelとし、夜遅くまでお酒を販売できるようにした過去の名残から、オーストラリアのパブは未だに「○○ホテル」と呼ばれるところが多いです。ホテルって書いてるのに中に入ると酒屋で宿泊施設なんて見当たらないので、こっちに来た頃はちょっとびっくりしました。(仕事で○○付近でホテルを探さないといけない時に、Google Mapで付近のホテルを検索するのですが宿泊施設だけでなくパブもたくさん検索されるので、宿泊施設を探すときは「Accommodation」で検索することを学びました)

古くて由緒あるパブ、新しいけどお洒落なパブ、たくさんあるのでこれからも開拓するのがたのしみです。そんなたまぴーにウコンなどプレゼントしたいという方々大歓迎!

写真はFitzroyにある、Gertrude St, Brunswick St, Smith Stからちょっと中に入った住宅エリアにあるパブ、The Union Club Hotel。
大きなパブで食事用のスペースもでかい。外のビアガーデンは屋根がついてるので天気関係なく利用できていいです。大きなテーブルやソファーもあるので大人数でも集まりやすいです。
ご飯の味は普通でしたが、いかにもパブ!って感じで雰囲気がいいのでなかなか気に入っております。

The Union Club Hotel
164 Gore Street
Fitzroy
Melbourne
03 9417 2926
[PR]
by tamaptamap | 2010-02-13 08:02 | 日常(オーストラリア)
<< 来週から大阪帰ります~ メルボルンのパブ Joe... >>