Skipping Girl Vinegar - Little Audrey
c0018514_1045566.jpg

メルボルンIKEAの前にあるこのネオンサイン。

ウィキペィディアによると、この女の子はオードリーちゃんというらしく、1930年代Skipping Girlブランドで販売されていたお酢のイメージキャラクターだったそうです。
工場が壊されるときに取り外されたのですが、1970年、住民の強い希望により、オリジナルよりも少し小さいサインが再び取り付けられました。夜になると女の子がピョンピョン縄跳びをするんです。おそらくオーストラリアで最初の動くネオンサインといわれていて、動きもレトロでとってもかわいい。

約30年後、動かなくなったオードリーちゃんの為に募金が集められ修復されました。
みんなに人気なんですね。どんどん新しくなるハイテクの電光掲示板もいいけど、こういういいデザインのものは何十年立っても時代遅れな感じがなくていいですね。
[PR]
by tamaptamap | 2010-01-26 11:01 | アート
<< ゾウさんの形の木 Collingwoodにも! >>